Four Seasons(フォー・シーズンズ)

 

60年代最高の都会派アメリカン・ポップス・グループ。

 

Four Seasonsの魅力は、フランキー・ヴァリ/Frankie Valliのパワフルなファルセット・ヴォイス、ボブ・ゴーディオ/Bob Gaudioのポップなメロディー、ボブ・クリューとアレンジャーのチャーリー・カレロが作り上げたリズミカルな手拍子によるアレンジ。

 

Beatles日本上陸前、Elvis PresleyPaul AnkaNeil Sedaka等で育った僕がのめり込んだ最初の洋楽アーチスト。

 

僕が中学1年の時、ラジオから流れてきた曲が「Sherry」。

変声期前だったので、地声で「Sherry」を歌っていました。

 

この「Sherry」は、1962年に発表されUSA.BillboardシングルチャートでNo.1に、R&BチャートでもNo.1に輝きます。

次の「Big Girls Don't Cry/邦題:恋はヤセがまん」、「Walk Like a Man/邦題:恋のハリキリ・ボーイ」も連続No.1に輝きます。

USA.Billboardシングル・チャート3曲連続第1位という記録は、Four Seasonsが世界で初めて成した快挙なんです。

 

以降、多数のミリオン・セールスを記録。

 

Four Seasonsは、ポップチャートだけでなくR&Bチャートでも大きな成功を収め、ライチャス・ブラザーズとともに、ブルー・アイド・ソウル(Blue-Eyed Soul)の草分けともいえる存在です。

 

その後台頭するBeatles等のブリティッシュ・インヴェイジョンに対抗できたのはFour SeasonsBeach BoysSupremesMonkeesだけと言っても過言ではありません。

 

初期メンバーは、フランキー・ヴァリ、ボブ・ゴーディオ、トミー・デヴィート、ニック・マッシですが、フランキー、ボブ以外のメンバーチェンジを繰り返しながら現在も活動しているそうです。

 

1990年に「ロックの殿堂」入り。

1999年に「ヴォーカル・グループの殿堂」入り。

世界中で1億枚以上の売り上げを誇り、現在でも最も売り上げの高い音楽グループの1つとされている。

フランキー・ヴァリは、ローリング・ストーンの選ぶ「歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第80位にランクイン。

◆「The Four Seasons Story

 

1975発表。

 

Sherry」が発売された当時、お小遣いが無く購入することができませんでしたので、このBest盤が発売された時には急いで買いに行ったのを思い出しました。

 

手にした時は嬉しかったな~。

 

で、同アルバムは、1962年から1970年のヒット曲を集約した2枚組みアルバム。

発表直後に100万枚以上を売り上げゴールドディスクに認定。

 

当時アメリカレコード協会は100万枚以上の売り上げに認定されるプラチナ・レコードをまだ設定していなかった時代です。

 

同アルバムには、USA.BillboardHot 100のシングル・チャートで30位以内の曲が殆ど網羅されています。(フランキー・ヴァリのソロ・シングルは含まれません)

 

1962: Sherryシェリー/第1

1962: Big Girls Don't Cry恋はヤセがまん/第1

1963: Walk Like a Man恋のハリキリ・ボーイ/第1

1963: Ain't That a Shame/第22

1963: Candy Girl/第3位・Marlena/第36

1964: Dawn (Go Away)悲しき朝やけ/第3

1964: Stay/第16

1964: Ronnie/第6

1964: Alone、第28

1964: Rag Doll悲しきラグ・ドール/第1

1964: Save It for Me、第10

1964: Big Man in Town、第20

1965: Bye, Bye, Baby (Baby Goodbye) バイ・バイ・ベイビー/第12

1965: Girl Come Running/第30

1965: Let's Hang On!、第3

1965: Don't Think Twice、第12

1966: Working My Way Back to You君のもとへ帰りたい/第9

1966: Opus 17 (Don't You Worry 'bout Me)、第13

1966: I've Got You Under My Skin君はしっかり僕のもの/第9

1966: Tell It to the Rain、第10

1967: Beggin'、第16

1967: C'mon Marianne、第9

1967: Watch the Flowers Grow、第30

1968: Will You Still Love Me Tomorrow、第24位 など収録。

 

★ 映画「Jersey Boys」~「君の瞳に恋してる」

 

映画館に足を運んだ時の楽しみの一つに予告編がありますよね。

 

次にどのような映画がくるのか・・・・、タイトルはや内容・映像関係がどんなものか分かるし・・・・。

 

「ケープタウン」を見に行った時の予告編でフランキー・ヴァリ(Frankie Valli)の「君の瞳に恋してる」が流れたんでビックリ・・・。

 

その予告編の映画は、「Jersey Boys/ジャージー・ボーイズ」という。

 

監督は、あのクリント・イーストウッド。

 

60年代Beatles以前から大活躍しているアメリカン・トップ・グループのフォー・シーズンズをモデルに作成されミュージカルの映画化だそうです。

 

2014620日に全米公開されたおり、日本では今月927日から公開されるそうです。

 

ミュージカル「Jersey Boys/ジャージー・ボーイズ」は、2005年にブロードウェイで開幕。

 

大好評を博し、現在も世界各国で上演されているようです。

 

2006年のトニー賞でミュージカル作品賞を含む4部門を受賞。

2009年には、ローレンス・オリヴィエ賞でミュージカル作品賞を受賞したそうです。

 

「君の瞳に恋してる/原題:Can't Take My Eyes Off You 」をご存じの方は多いですよね。

 

ボーイズ・タウン・ギャング等がカヴァーしているし・・・・今でも結婚式の定番曲となっている・・・・、あの有名な曲です。

 

そのオリジナルが、フォー・シーズンズのリード・ヴォーカルだったフランキー・ヴァリ(Frankie Valli)です。

 

ビルボードでは、1967722日に最高位第2位を獲得。

 

1967年ビルボード誌の年間ランキングでは第12位となっています。

 

この曲は、いろいろなアーチストがカヴァーしているので、若い方達からもリクエストをいいただきます。

 

ボーイズ・タウン・ギャング、アンディ・ウィリアムス、フランク・シナトラ、ペット・ショップ・ボーイズ、シーナ・イーストン、シュープリームス、パーシー・フェイス、バリー・マニロウ、レターメン、ナンシー・ウィルソン、グロリア・ゲイナー、テンプテーションズ、エンゲルベルト・フンパーディンクetc

 

日本のアーティストでは、椎名林檎、ZARDMISIA、小比類巻かほる、少女隊、櫻井翔等。

 

多分カヴァー曲としては最大の数を誇るんではないかと思います。

 

凄いよね!!

 

オリジナルのミュージカルは、ジュークボックス・ミュージカルというんですって・・・。ジュークボックス・ミュージカル・・・・、古き良き60年代を感じさせる面白い表現だよね!!

 

フォーシーズンズの名曲の数々にのって、1960年代に活躍したロックンロール・グループのフォー・シーズンズの結成、成功、解散を四季(フォー・シーズンズ)ごとにドキュメンタリー・スタイルで展開していく内容とか・・・・。

 

60年代の曲が大好きな人間としては、このジュークボックス・ミュージカル、絶対に観に行かなくちゃ!!

 

因みにタイトルの「ジャージー・ボーイズ」は、フォー・シーズンズのメンバー達がニュージャージー州出身であることに由来しているんですって・・・・・。

 

使用されているフォー・シーズンズの名曲の数々(ビルボード・トップ10にランキングされた曲)

 

発売年度 曲目 ビルボード最高位

 

 1962年 シェリー 1

 

 1962年 恋のヤセがまん 1

 

 1963年 恋のハリキリ・ボーイ 1

 

 1964年 悲しきラグ・ドール 1

 

 1975:

 

196312(あのすばらしき夜)1

 

1964年 悲しき朝焼け 3

 

1965Let's Hang On! 3

 

1975年 愛はまぼろし 3

 

1964年 ロニー 6

 

1966年 君のもとへ帰りたい  9

 

1966年 君はしっかり僕のもの 9

 

1967C'mon Marianne9

 

1964Save It for Me 10

 

1966Tell It to the Rain 10

 

 

Beatles以前に世界を席巻したロック・バンドFour Seasons

 

不良少年だった4人の出会いと友情、Four Seasonsの結成・成功・挫折を描いた伝記的映画が「Jersey Boys」。

 

Four Seasonsの「Sherry 」が日本で大ヒットしたのが1963年だから・・・・・・・・、僕は中学生。

 

当時の音楽情報はすべてラジオ。

 

だからラジオから流れてくる情報だけで判断するしかない時代。

 

Jersey Boys」を観ながら・・・、「ヘ~ッ、当時はこんな時代だったのか・・・、こんな状況だったのか・・・」と、初めてFour Seasonsの各面々の感情・気持ちを知ることができました。

 

映画の後半は・・・・、涙・涙・・・・です。

 

フランキー・ヴァリーの娘の訃報を聞いたところで名曲「君の瞳に恋してる」が流れ、1990年に選出された「ロックの殿堂」でオリジナルメンバー4人が再会し歌った曲が「ラグ・ドール」・・・、場面が流れまた「シェリー」・・・と次から次へと名曲の数々・・・。

 

もう、涙・涙・・・、涙止まらず!

 

音楽界に不滅の伝説を打ち立てた4人組ザ・フォー・シーズンズの真実の物語を描く感動のヒューマン・ドラマ、皆さんも観てくださいね!!

 

当店ではアナログレコード・ベスト盤「Four Seasons Story」でFour Seasonsの名曲が聴けます。

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年12月のお休み

 

 3日(日)

 4日(月)

10日(日)

11日(月)

17日(日)

28日(月)

23日(土)

24日(日)

25日(月)

30日(土)

31日(日)

 

2018年1月のお休み

 

   1日(月)~8日(月)

14日(日)

15日(月)

21日(日)

22日(月)

28日(日)

29日(月)