2020年

1月

27日

★ 所有レコード紹介~「Rush」

202017日、多くの音楽誌で“史上最高のドラマー”と評され、多くのアーティストに影響を与えたNeil Peart(ニール・パート)が脳腫瘍で亡くなりましたね

 

享年67歳。

合掌!

 

死ぬ前にもう一度LIVEが観たいバンドがいくつかあります。

 

RUSHもその一つ。

 

しかし、RUSHLIVEを日本で観るのは、ほとんど不可能になってしまいました。

 

1984年 の日本武道館LIVE以降、日本には来ていないし、2015年に開催された「R40」というデビュー40周年記念ツアーをファイナルツアーと宣言。

 

そしてNeil Peartの逝去・・・・。

 

残念ですが、もうRUSHLIVEを見ることは完璧に無くなりました・・・・。

唯一の日本武道館LIVEを妻と一緒に観れたのがいい思い出になってしまいました。

僕がRUSHにはまったのが、いまから数十年前の名古屋転勤中。

 

名古屋で知り合った方から頂戴した1976年発表のアルバム「2112/邦題:西暦2112年」を聞いてから。

 

RUSHは、カナダのバンドだけど、当時カナダのバンドと言えば、

19705月に3週連続Billboard Hot 100No.1に輝いた「American Woman」のGuess Who

1968年映画「イージー・ライダー」で使用されBillboard Hot 1002位を位記録した「Born to Be Wild」のSteppenwolf

Guess Whoのランディ・バックマンを中心に1973年に結成されたBTO(Bachman-Turner Overdrive)ぐらいしか知りませんでしたので、「フ~ン、カナダのバンドね・・・・」と、軽~い気持ちで針をレコードに・・・・。

 

もう、ビックリ!!

針を落としたA面の1曲目"Overture"で吹っ飛んでしまいました!

 

RUSHは、Jimi HendrixCreamLed Zeppelinに触発され、1968年トロントで結成。

1stアルバムまでのメンバーは、Geddy Lee (b, key, vo)Alex Lifeson (g)John Rutsey (ds)

 

その後、ドラムがNeil Peartに変わるとともに、彼の作詞により、RUSH2ndアルバムから大きく変わっていきます。

3人が創り出すサウンドに乗って、独特なプログレ・ハードの世界に・・・・。

複雑な変拍子を多用するRUSHのサウンドは、最高です!!

 

カナダの国民的グループであり、北米におけるプログレ・ハードの先駆者でカナダ最大の音楽賞「ジュノー賞」を数多く受賞し、1994年に同賞の殿堂入りを果たす。また、2013年には「ロックの殿堂」入りも果たしました。

 

プログレ・メタルのDREAM THEATERは、「RUSHがいなければDREAM THEATERは無かったかもしれない」と言っているように、多くのバンドに影響を与えています。

 

RIAA(アメリカレコード協会)は、RUSHを、「ビートルズ、ローリング・ストーンズに続き、全米で3番目に多くのゴールド・ディスクやプラチナム・ディスクを獲得したバンドとして認定。

 

米ローリング・ストーン誌は、バンドの継続した芸術的活力にこう称賛を与えている RUSHは、76年や96年の時のように、ただ「今」を意味するバンドではない、彼らの存在は、より多くの意味があるのだ」と・・・。

●「RUSH/邦題:閃光のラッシュ」

 

1974年発表の1stアルバム。

メンバーは、Geddy Lee (b, key, vo)Alex Lifeson (g)John Rutsey (ds)

 

このアルバムが発表された当時は、Led Zeppelin全盛の時代。

彼等もLed Zeppelinの影響を強く受け、Zeppelin風のストレートで骨太なサウンドの典型的なハードロックバンドだったそうです。

 

この1stアルバムもストレートなハードロック・アルバム。

RUSHのハード・ロック、結構好きです。

2ndアルバム以降、RUSHは組曲が多くなりプログレ・ハード゙になって行きますが、この1stアルバムは「プロになった記念すべきアルバム」なので、大事にしたい1

続きを読む 0 コメント

2018年

12月

17日

★Greta Van Fleet~第61回グラミー賞の最優秀新人賞含む4部門にノミネート!

 今年の夏、妻が「面白いバンドがいるよ!」と教えてくれたのがGreta Van Fleet(グレタ・ヴァン・フリート)。

 

アメリカ・ミシガン州の人口5,000人の小さな町から出てきた平均年齢20歳の4人組。彼らのサウンドが最高なんです。

 

ロバート・プラントを彷彿させる素晴らしいヴォーカル。

 

Zeppelinも真っ青!!

 

Zeppelinの1stに入ってても、おかしくない楽曲。

 

まさに21世紀のLed Zeppelin

 

一発で気に入り、早速アナログレコードを購入。

 

レコードを全部聞いてみるとLed Zeppelinようではあるけど、70年代ハードロックへのリスペクトも感じます。

 

彼らの情報をネットで色々調べたところ、海外ではもう凄いことになっていました。

 

僕らと同じように世界中のロック・ファンや大物アーティストが、“現代のLed Zeppelin”と大絶賛!

20174月に発表されたデビューEPBlack Smoke Rising」は、アメリカとカナダのiTunesロック・チャートで1位獲得。

 

5月からのザ・ストラッツとの全米ツアーのサポート・アクトでツアー・デビューするや否やアメリカのロック・メディアが大絶賛!

 

20179月に発表したシングル「Highway Tune」は、全米ロック・ラジオ・チャート&ビルボード・メインストリーム・ロック・ソングス・チャートで5週連続1位を記録。

 

・同じくカナダのロック・ラジオ・チャートで9週連続1位を記録。

 

・「Highway Tune」のミュージック・ビデオは、YouTubeArtist On The Rise”に選出。

 

・同じくアメリカでApple MusicNew Artist of the Week”に選出。

 

iTunes USとカナダのロック・チャートで1位を獲得。

11月に発表された8曲入りEPFrom The Fires」は、ビルボード・ハードロック・アルバム・チャートで初登場1位を獲得。

 

1110日、「Black Smoke Rising」の4曲と新録4曲を収録した8曲入ダブルEPFrom the Fires」リリース、ビルボード・ハードロック・アルバム・チャート初登場で1位獲得(2017/12/2)

 

20181月発表のセカンド・シングル「Safari Song」も全米ロック・ラジオ・チャートで1位を獲得。

 

・ザ・ストラッツとの全米ツアー・デビュー及びヨーッロッパ・ツアーがすべてソールド・アウトに。

 

続きを読む 0 コメント

2018年

10月

29日

★所有アナロイグレコード紹介~Journey

時間がかかりましたが、「アナロイグレコード紹介~Journey」があがりました。

 

「所有アナログ・レコード紹介」のJourneyを覗いてみてください。

0 コメント

2018年

9月

24日

★ 来た~! ピンク・フロイド「P·U·L·S·E」アナログレコード

来たよ、来ましたよ!

 

長年夢みていたピンク・フロイドの「P·U·L·S·E」。

 

再発とはいえ、アナログレコードを入手できたのはとても嬉しい。

 

この「P·U·L·S·E」は、1995年発表のライブアルバム。

 

発表当時CDだけだと思っていたので、購入しようか悩んでいました。

 

しかし、10年ぐらい前に同アルバムのアナログレコードが存在しているのを知り、直ぐにネットで検索。

 

何てことだ!

 

ネットに出てくるのは全て10万円以上の値段。

 

いくらピンク・フロイドが大好きとは言え、レコードに10万円以上は出せませんよね。

 

それで、諦めていたのですが、先日お客様が「P·U·L·S·E再発されたよ」と教えてくださいましたので即購入。

 

嬉しい~!!

 

P·U·L·S·E」は、1995年発表のLIVEアルバム。

 

1994年に発表されたアルバム「The Division Bell/邦題:対(TSUI)」のツアーの模様を収録。

 

このツアーは、アメリカ、ヨーロッパの77都市110回の公演で300万人以上を動員し、「史上最大の光と音のスペクタクルショー」だと聞いています。

 

ロジャー・ウォーターズはいませんが、クオリティの高い作品に仕上がっているそうですよ。

 

UKUSAともにアルバムチャートでNo.1に輝いたLIVE盤。

 

写真集を見ると凄いLIVEということが推測されます。

 

針を落とすのがとても楽しみ!

 

感想は後日ご報告。

 

しかし、「ウォール」の時も無かったけど、日本公演が無かったのはとても残念。

 

5回目のLIVEが観たかった・・・・。

 

P·U·L·S·E」収録曲

 

1.    Shine On You Crazy Diamond

 

2.    Astronomy Domine

 

3.    What Do You Want From Me

 

4.    Learning To Fly

 

5.    Keep Talking

 

6.    Coming Back To Life

 

7.    Hey You

 

8.    A Great Day For Freedom

 

9.    Sorrow

 

10.High Hopes

 

11. Another Brick In The Wall (Part Two)

 

12.Speak To Me

 

13. Breathe

 

14.On The Run

 

15.Time

 

16.The Great Gig In The Sky

 

17.Money

 

18.Us And Them

 

19.Any Colour You Like

 

20.Brain Damage

 

21.Eclipse

 

22. Wish You Were Here

 

23. Comfortably Numb

 

24. Run Like Hell

0 コメント

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

「一般社団法人 笑い文字

及協会」認定講師Mさんより頂戴しました。