≪LOWLAND MALT(ローランドモルト)

★「グレンキンチー12年」

甘系/ローランド・モルト

 

UD社(ユナイテッド・ディスティラーズ)提唱のクラシック・モルト・シリーズのローランドを代表する銘酒。

 

 

1837年創業のグレンキンチー蒸留所は、ローランド地方に現存する数少ない蒸留所の一つ。

 

 

スコットランドの首都エジンバラからわずか20マイル(約32km)の所に位置した大麦畑に囲まれたのどかな風景の中にあり、生み出されるウイスキーは「エジンバラモルト」と呼ばれます。

 

 

 

グレンキンチー蒸留所では年間250万リットルものウイスキーが生産されており、その原酒ほとんどが「ジョニーウォーカー」、「ヘイグ」、「ディンプル」などのブレンデッドウイスキーのキーモルトとして使用。

 

シングルモルトとしてボトリングされるのはそのわずか10%と、希少なモルトです。

 

 

 

グレンキンチー 12年」は、良質な大麦由来のやわらかな風味、スイートかつクリーミーな飲み口が特徴。

 

庭に咲き乱れる花々の優しい香りに満ちており、とても上品な印象です。

 

 

 

グレンフィデックやグレンモーレンジ等がお好きな方にオススメ!

 

「オーヘントッシャン12年」

バーボン樽系/ローランド・モル

 

ゲール語で「野原の片隅」の意味を持つオーヘントッシャン蒸留所の創業は、1823年。

 

オーヘントッシャン蒸留所は、大都市グラスゴーに近い立地から、都会的でカジュアルなスタイリッシュ・シングルモルトとして有名。

  

特徴は、昔ながらの木桶発酵槽と伝統の3回蒸溜。

 

木桶は保温性に優れているので、発酵の段階で酵母が働きやすい

 

温度を保つのに役立つのと、また木桶を使うと乳酸菌が棲みつき、さまざまな香味が現わる効果があります。

 

それぞれ違うスチルポットを用いての3回蒸留は、蒸留回数が増えた分アルコール度数は高くなり、純粋なアルコールへと近づき舌触りがなめらかで癖のない飲みやすいウイスキーになります。

 

出来上がった原酒に水を加えて63.5%に下げた後、バーボン、シェリー、ポートなどの樽に詰めて熟成。

 

「オーヘントッシャン12年」は、アメリカンオークバーボン樽で12年以上熟成したモルトを使用。

 

軽やかで都会的な味わいと称されるオーヘントッシャン12年。

 

シングルモルト入門用としてもお薦めできるウイスキーです。

 

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

 

●8月のお休み

 

 4日(日)

 5日(月)

11日(日)~19日(月/夏休み)

25日(日)

26日(月)