2018年

9月

24日

★ 来た~! ピンク・フロイド「P·U·L·S·E」アナログレコード

来たよ、来ましたよ!

 

長年夢みていたピンク・フロイドの「P·U·L·S·E」。

 

再発とはいえ、アナログレコードを入手できたのはとても嬉しい。

 

この「P·U·L·S·E」は、1995年発表のライブアルバム。

 

発表当時CDだけだと思っていたので、購入しようか悩んでいました。

 

しかし、10年ぐらい前に同アルバムのアナログレコードが存在しているのを知り、直ぐにネットで検索。

 

何てことだ!

 

ネットに出てくるのは全て10万円以上の値段。

 

いくらピンク・フロイドが大好きとは言え、レコードに10万円以上は出せませんよね。

 

それで、諦めていたのですが、先日お客様が「P·U·L·S·E再発されたよ」と教えてくださいましたので即購入。

 

嬉しい~!!

 

P·U·L·S·E」は、1995年発表のLIVEアルバム。

 

1994年に発表されたアルバム「The Division Bell/邦題:対(TSUI)」のツアーの模様を収録。

 

このツアーは、アメリカ、ヨーロッパの77都市110回の公演で300万人以上を動員し、「史上最大の光と音のスペクタクルショー」だと聞いています。

 

ロジャー・ウォーターズはいませんが、クオリティの高い作品に仕上がっているそうですよ。

 

UKUSAともにアルバムチャートでNo.1に輝いたLIVE盤。

 

写真集を見ると凄いLIVEということが推測されます。

 

針を落とすのがとても楽しみ!

 

感想は後日ご報告。

 

しかし、「ウォール」の時も無かったけど、日本公演が無かったのはとても残念。

 

5回目のLIVEが観たかった・・・・。

 

P·U·L·S·E」収録曲

 

1.    Shine On You Crazy Diamond

 

2.    Astronomy Domine

 

3.    What Do You Want From Me

 

4.    Learning To Fly

 

5.    Keep Talking

 

6.    Coming Back To Life

 

7.    Hey You

 

8.    A Great Day For Freedom

 

9.    Sorrow

 

10.High Hopes

 

11. Another Brick In The Wall (Part Two)

 

12.Speak To Me

 

13. Breathe

 

14.On The Run

 

15.Time

 

16.The Great Gig In The Sky

 

17.Money

 

18.Us And Them

 

19.Any Colour You Like

 

20.Brain Damage

 

21.Eclipse

 

22. Wish You Were Here

 

23. Comfortably Numb

 

24. Run Like Hell

0 コメント

2018年

9月

03日

★2,250本限定 希少シングルモルト 「ラフロイグ ロア」入荷!~2017年「SWSC最高金賞」受賞!

イギリス王室御用達のラフロイグ蒸留所。

 

その蒸留所から生まれた「ラフロイグ」は、個性的でスモーキーな味わいにより“アイラモルトの王者”と呼ばれており、世界中のファンから絶大な支持を受けています。

 

チャールズ皇太子が愛飲されていることでも有名ですよね。

 

「ラフロイグ ロア」は、現ラフロイグ蒸溜所長のジョン・キャンベル氏が、1815年の創業以来受け継がれてきた技術と経験を次世代へ伝承LORE(ロア)するという情熱を込めてつくりあげた商品。

 

ヨーロピアンオーク新樽での熟成後ファーストフィルのバーボン樽に移し替え、さらに熟成させた"ダブルマチュアード(二度熟成)※"原酒とラフロイグ蒸溜所が保有する数種のモルト原酒をヴァッティング。

 

ラフロイグならではのピーテッド麦芽由来のリッチで深いスモーキーな香りとアイラ島の海岸を連想させる潮の香り。

 

バーボン樽熟成ならではの柔らかな甘み、芳醇でフルーティな味わいが特長。

 

長い余韻もお楽しみいただけます。

 

数量限定の「ラフロイグ ロア」。

 

ラフロイグファンには見逃せない一品です。

 

「ラフロイグ ロア」は、2016年から毎年数量限定発売し、多くのお客様からご好評いただいています。

 

※ダブルマチュアード(二度熟成)=新樽にシェリーやバーボン等のお酒を熟成させ、払い出した直後の樽のこと

 

SWSC:「サンフランシスコ・ワァールド・スピリッツ・コペティション」

     米国の世界的な酒類コンペティション。

    米国のレストラン、流通のバイヤー、ジャーナリストなどの審査員による審      

     査を経て、カテゴリー毎に最優秀金賞、金賞、銀賞、銅賞が選出され

     る。

0 コメント

2018年

8月

13日

★ 映画「ミッション:インポッシブル フォールアウト」

裏切らないな~、トム・クルーズ。

 

もう、最高に面白い映画。

 

「ミッション:インポッシブル」は、1996年に公開されてから今回で6作目。

 

面白さ①:人間的な弱さと優しさを持っているトム・クルーズが、過酷な任務に悩みながらも一生懸命戦っていく姿。

 

面白さ②:ストーリーの展開~シリーズ物は、2・3作目あたりからマンネリ化してつまらなくなってしまうものだけど、「007」同様に単純明快ではあるがとても面白い。

 

面白さ③:アクションの数々~最初から最後までスリル満点。最後のフィヨルドのシーンは心臓がバクバクもの。

 

トム・クルーズは1962年生れだから、今年56歳。

数々のアクションを見ていると、56歳とは思えない若さ。

 

ま~、とにかく面白い映画なので夏休みにでも是非見てください。

 

冒頭の「スパイ大作戦」同様の「なお このテープは自動的に消滅する」と音楽は最高です。

 

0 コメント

2018年

8月

06日

★ 星松岡圭祐「八月十五日に吹く風」読了

本のタイトルを見ればどのようなジャンルの小説か分かりますよね。

 

そう、「8月15日」は、終戦(敗戦)記念日ですものね。

 

戦争に関する小説は僕の好きなジャンルの一つですが、これまで読んだ戦争物とは違います。

 

戦争物と言えば、特攻隊や人間魚雷、原爆、不条理な精神論と軍幹部に見捨てられた部隊の自決・玉砕、南方系の敗戦~逃亡~食糧危機~餓死・病死・・・・、不条理にして残酷,悲惨,狂気,絶望,阿鼻叫喚の世界が繰り広げられる小説が多いですよね。

 

しかし、同本は違うんです。

 

キスカ島に残された5千人の日本兵を自決や玉砕という悲惨な形ではなく、「人命第一」と考え全員救助するという史実を小説化したものなのです。

 

調べたところ、この「全員救出」という作戦はとても有名な作戦で、「奇跡の作戦」といわれた『キスカ島撤退作戦』とのこと。

この作戦は、阿川弘之や有近六次などが小説にしている他、1965年に三船敏郎、山村聡、児玉清、志村喬、西村晃等が出演した映画『太平洋奇跡の作戦 キスカ』や1971年には太平洋戦争を題材にしたテレビアニメ『アニメンタリー 決断』の第16話「キスカ島撤退」などがあるそうです。

 

知らなかったな~・・・・。

 

軍の幹部に「人命第一」という考えを持ち、北の最果のキスカ島に残された軍人五千人を救出すべき知力・軍力を結集して決行した日本軍将兵。

 

日本人の英知を身で知った米軍諜報員。

 

不可能と思われた大規模撤退作戦を描いた感動の実話小説。

 

戦時中にこんな素晴らしい救出劇があったことを知って、8月15日を迎えます。

余談:

小説の中で「日本人の英知を身で知った米軍諜報員」として記載されている「ロナルド・リーン」は、実は「ドナルド・キーン先生」なんです。

 

ドナルド・キーン先生は、コロンビア大学名誉教授。

 

日本文化を欧米へ紹介して数多くの業績があり数多くの大学や研究施設から様々な受賞経歴を持つ。

 

称号は東京都北区名誉区民、新潟県柏崎市名誉市民、ケンブリッジ大学、東北大学、杏林大学ほかから名誉博士。

 

賞歴には全米文芸評論家賞受賞など。

 

勲等は勲二等。

 

2008年に文化勲章受章。

 

また、日本ペンクラブの名誉会員であり、20121126日の日本ペンクラブ創立記念懇談会では演説を行っています。

 

主な受賞歴:

菊池寛賞(1962年)、山片蟠桃賞(1983年)、読売文学賞(1985年)、日本文学大賞(1985年)、福岡アジア文化賞芸術・文化賞(1991年)、勲二等旭日重光章(1993年)、朝日賞(1998年)、毎日出版文化賞(2002年)、文化勲章(2008年)

0 コメント

2018年

7月

23日

★「ノッカンドゥ12年/Knockando 12y」

「小さな黒い丘」という意味をもつノッカンドゥ蒸留所の創業は、1898年。

 

この蒸留所のキイ―ワードは、「ヴィンテージ・ウイスキー」

ヴィンテージ・ウイスキー」は、単一シーズンのモルトのみを瓶詰してつくられます。

 

ノッカンドゥ蒸留所でつくられるシングルモルトは、12年もののボトルであればきっちり12年熟成された原酒を使用しています。

 

そのため、ラベルには何年蒸溜の原酒を使っていることが明記されています。

 

ブレンデッドウイスキー「J&B」のメインモルトであるノッカンドゥは、最終的に出荷されるまでピートの香りが付きすぎないよう細心の注意を持って管理されています。

また、シングルモルトの味をカスクの味が覆い隠してしまわないように、シェリーカスク使用の割合も控えめとなっています。

 

「ノッカンドゥ12年」は、スペイサイドの中でも特にデリケートでフルーティで繊細な味わいを持つシングルモルト。

 

花のような香りやナッツのような香り、そしてかすかなスモーキーさ等が何層にも重なり複雑に絡み合っているシングルモルト。

 

ピート香も樽香もライトに仕上がっており、その味わいは「花の様なモルト」と評されています。

 

ライトなボディで心地よい甘さが口中に広がり、加水すると表情が変わり、酸味とビター感が薄れ代わりに甘さと香りが引き立ってきます。

 

飲み方一つでいろいろな表情やいろいろな味を楽しむことが出来る「ノッカンドゥ12年」は、隠れた逸品。

 

女性の方にも喜んでいただけるヴィンテージ・シングルモルトを是非一度ご賞味ください。

 

0 コメント

2018年

7月

23日

★「キルホーマン マキヤーベイ/Kilchoman Machir Bay」

キルホーマン蒸溜所は、アイラ島に124年ぶりに誕生(2005年創業)した新しい蒸留所。

 

新しい蒸留所ではありますが、自社の畑を所有し、周辺で採れたピートを使用するという昔ながらのアイラ島の伝統的な農業型蒸留所にこだわって少量生産する蒸留所なんです。

 

マキヤーベイとは、キルホーマン蒸溜所から半マイルの距離に位置するアイラ島で最も美しいといわれるビーチで、観光客やアイラ島民がこぞって訪れる有名なスポット。

 

「キルホーマン マキヤーベイ」は、フェノール値50ppmのヘビーピート大麦麦芽を使用し、バーボンとオロロソシェリーの樽で3年から5年熟成した原酒をバランス良くヴァッティングしたモルトです。

 

フェノール値50ppmは、当店でも人気のあるアードベッグとほぼ同程度。

 

ヨードの乗ったアイラらしい力強いピートスモークでありながらアードベッグTEN同様に柑橘系の甘さもあります。

フレッシュで小気味良いピーティな余韻が全体をまとめ上げます。

 

「キルホーマン マキヤーベイ」は、ウイスキー評論家として世界的に有名なジム・マレー氏が発表するウイスキーバイブルにて94点を記録し、「素晴らしいウイスキーだ」と絶賛されたシングルモルトです。

 

2012年のインターナショナルワイン&スピリッツコンペティションで金賞を受賞しています。

 

アイラモルトファンの方は勿論、ガツンとくるピート香等の個性派シングルモルトがお好きな方は、是非一度ご賞味ください。

 

0 コメント

2018年

7月

17日

★癒しのハニー系シングルモルト 「アバフェルディ12年」

南ハイランド地方にあるアバフェルディ蒸溜所の創業は、1846年。

 

スコッチウイスキー「デュワーズ」のブレンドの核をなすシングルモルトとして有名で、現在も世界中のウイスキーファンに愛され続けています。

  

アバフェルディは、ゲール語で「神の水のプール」という意味で仕込み水に使っているピティリー川の純水のことを指しています。

 

蒸留所の近くの森には赤リスが生息していて、ボトルの蓋にも描かれています。

 

ピティリー川の純水で造られた「アバフェルディ12年」は、典型的な南ハイランドタイプのシングルモルトで濃厚な麦の甘みがあり、飲み口はとてもまろやか。

 

ヘザーハニーの香り、ソフト&マイルドでとても飲みやすく、食後のデザートと共に楽しめます。

 

ウイスキー専門家は、「アバフェルディ12年は、蜂蜜やナッツの風味とシルクのような滑らかな口当たりが素晴らしい。プレミアムモルトの特徴が長期間の熟成を経て見事に開花した傑作」と評しています。

 

是非御賞味ください。

 

0 コメント

2018年

7月

12日

★ブレンド内容がとてもユニークなライウイスキー「アルバータ ダークバッチ」

当店初入荷の「アルバータ ダークバッチ」は、1946年創業の北米最大のライウイスキー蒸溜所「アルバータ蒸溜所」 がカナダで2012年に米国で2014年に発売したとてもユニークなブレンド内容のライウイスキーです。

 

どこがユニークかというと、ライウイスキー91%、バーボン「オールドグランダッド」8%、シェリー酒1%という比率でブレンドされたライウイスキーなんです。

 

カナダで2012年に新発売され、アメリカで2014年に発売されました。

 

これまでのアルバータのイメージを覆す新しいコンセプトのライウイスキーで、大胆でリッチな味わいを特長としています。

 

ライウイスキー91%の半分は6年熟成で残りの半分は12年の長期熟成ベースウイスキーをブレンド。

 

さらにそのライウイスキーにバーボンウイスキー「オールドグランダッド」とシェリー酒を加え後熟して生まれ“カナダの至宝"と称された「アルバータ ダークバッチ」は、伝統的なライウイスキーの風味にバーボンとシェリー酒が繊細に溶け込み、深く芳醇な香味に洗練された現代的なテイストになっています。

 

カナディアンウイスキーの名門が生み出すイノベーションブレンデッド 「アルバータ ダークバッチ」の溢れる香味は衝撃的とも言えるほどの重層感を感じさ、深みのある芳醇な香り、ドライフルーツやバニラを想わせる甘みのある味わいを是非ご賞味ください。

 

「アルバータ ダークバッチ」の香味、深い味わいをまずはオン・ザ・ロック、もしくはストレートで。

 

柔らかな飲み口ながら、じっくりと味わうほどに豊かな複雑味をお愉しみいただけます。

 

0 コメント

2018年

7月

11日

★こだわりの少量限定生産バーボン「エヴァン・ウィリアムス シングルバレル」

 

エヴァン・ウィリアムスは、世界第2位の販売量を誇るケンタッキー・ストレート・バーボン。

 

 

今回導入したのは、エヴァン・ウィリアムスのシングルバレル

 

 

単一の樽の原酒のみから造られたシングルバレル・バーボンの8年熟成品。

 

 

発売は1990年で、その後発売のたびに数々の賞を受賞しているバーボン通が認めたヴィンテージ・バーボンなのです。

 

 

 

樽詰めした年を表のラベルに樽のナンバー、ボトリング・ナンバー、ボトル年月日を裏ラベルに記載してある唯一のバーボンでこだわりの少量限定生産品。

 

 

ウィスキー・ジャーナル誌において3年連続ウィスキー・オブ・ザ・イヤーに輝くだけでなく、発売されたすべてのヴィンテージが数々の賞を獲得しています。

 

 

シングルバレルは樽によって微妙に味が違うのも魅力ですが、度数は86.6プルーフ(43.3度)に調整されており、まろやかな口当たりが特徴。

 

 

まずは、ストレートかロックで。

 

 

【バーボン豆知識】

 

エヴァン・ウィリアムスは、1783年にケンタッキー州ルイヴィルで、ライムストーン(石灰岩)から湧き出る水を発見し、最初にトウモロコシを原料としたウィスキーを造ったとされる人物。

 

0 コメント

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●9月のお休み

 

  2日(日)

  3日(月)

  9日(日)

10日(月)

16日(日)

17日(月)

23日(日)

24日(月)

30日(日)