· 

★ YESのドラマー/Alan White(アラン・ホワイト)逝去!

大好きなバンドの一つ YESのドラマー/アランホワイトが2022526日にお亡くなりになりました。

 

享年72歳。

合掌!

 

また、同年代の好きなアーチストが・・・・。

とても残念です。

 

彼の資料を読んでいたら、いろいろ凄いバンドで活躍していたんですね。

 

12歳でドラムを始め、13歳で公の場で演奏しています。

1960年代は、「朝日の当たる家」のアニマルズのリーダーAlan Priceと組んだ Alan Price Big Band やポール・マッカートニーのWings等で腕を磨き、1968Creamのジンジャー・ベイカーやTrafficのスティーヴ・ウィンウッドなどが結成したAirforceに参加。

 

 1969年にジョン・レノンからの突然の電話でPlastic Ono Bandに参加。

アルバム「Live Peace in Toronto」や画期的なアルバム「Imagine」でタイトル曲や“Jealous Guy”“How Do You Sleep at Night”でドラムを担当しています。

 

 その後もレノンの紹介でジョージ・ハリスンの最高傑作アルバム1970年「All Things Must Pass」に参加。

 

YESに参加するようになったのは、1972年発表YES 5thアルバム「Close to the Edge/邦題:危機」レコーディング完了直後にビル・ブルーフォードがキング・クリムゾンに移籍したためだそうです。

 

YES参加後、わずか3日間で楽曲を習得し、1972730日、テキサス州ダラスで15千人のファンの前でUSツアーの幕開けを飾ったそうです。

 

僕が「アラン・ホワイト」を知ったのは、1973年発売された3枚組Liveアルバム「Yessongs」。

 

このアルバムの解説に掲載されている彼の鬼気迫る写真がとてもカッコ良いんです!

 

以来、YESには欠かすことのできないドラマーとして活躍。

 

 

 YES1973年初来日公演「Close to the Edge Tour」には行けませんでしたが、2回目の来日公演1988年「Big Generator Tour」東京・国立代々木競技場で観ることが出来ました。

 

 先般、amassの情報でYESClose To The Edge/邦題:危機」の50周年記念ツアー開始し、その延長で日本公演も9月に決定していたと知りましたが、5/23付けamass情報でアラン・ホワイトが体調不良で不参加とか。

 

つい最近の情報ですよ。

その情報すぐに、アラン・ホワイト逝去の情報が・・・。

早いよね・・・、辛いよね・・・、寂しいよね・・・。

来日公演のチケットを購入した人のお気持ちは・・・・。

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 アラン・ホワイト:ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100人のドラマー」第35位、2017年にはイエス名義で「ロックの殿堂」入り。

当店で彼のドラムを聞けるアルバム。

 

1973発表 「Yessongs

1973年発表 「Tales from Topographic Oceans/邦題:海洋地形学の物語」

1977年発表 「Going for the One/邦題:究極」

1978年発表 「Tormato/トーマト」

1980年発表 「Drama/ドラマ」

 

1983年発表 「90125Lonely Heart/ロンリー・ハート」

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

一般社団法人 

笑い文字及協会

認定講師Mさんより