★ ジャック・ダニエルと双璧をなすテネシーウイスキー「ジョージ・ディッケル No.8」初入荷‼

コロナ禍の中、皆様はお変わりございませんか?

 

TVでの情報番組に出演している医師によると「2月中旬にはピーク・アウトするのでは?」と言っていますが・・・・。

早く普段通りの生活に戻りたいですね!

 

で、時短営業中の現在、当然お客様は少ないのですが、またまた新しいバーボンを入荷しましたのでご紹介しますね。

 

新しいバーボンは、「ジョージ・ディッケルNo.8」。

 

「テネシーウイスキーの代表は?」と聞くと、多分ほとんどの方が「ジャックダニエル」と答えると思いますが、今回入荷した「ジョージ・ディッケル No.8」は、ジャックと双璧をなすテネシーウイスキーなのです。

 

創業者はドイツ系移民のジョージ・A・ディッケル

1870年にテネシー州でウィスキー蒸留をはじめる。

彼の死後は家族が経営していましたが、禁酒法時代に一旦閉鎖。

その後も何度か閉鎖・復活を繰り返し、1958年にマスターディスティラーのラルフ・ダップスによって再建され生産を開始。

 

この時ダップスは、ディッケルのオリジナルレシピを再現し、「月光のようになめらか」な「アメリカ最高のウイスキー」と評し「ジョージ・ディッケル サワーマッシュ・テネシーウイスキー No. 8」と「No. 12」 を蘇らせました。

 

しかし、その後も製造元のジョージ・ディッケル蒸溜所は何度か閉鎖。

 

2003年、ディアジオ社により操業を再開。

現在はディアジオ社およびマスターディスティラーのジョン・ランの管理の元、「ジョージディッケル No8」は世界各国で大注目を浴びています。

 

「ジョージディッケルNo8」は、昔ながらのディッケル流で造られていますが、同酒はテネシーウイスキー(※1)の条件に一工夫を加え、トウモロコシの比率を84%まで高め、サトウカエデ(メープル)の炭の上に羊毛の毛布を敷いて10日間かけ丹念にろ過するという独自の「チルド・メープル・メローイング製法」を用いています。

発酵はできる限り自然な状態に保ち、「No. 8」の場合は46年で熟成。

 

トウモロコシの比率を84%まで高めたことによりトウモロコシ由来の強い甘味が魅力。

香りは複雑ですが、柔らかくまろやかで芳醇な風味。

口に含むとマイルドで優しい味。

余韻はライトでキレが良く、香ばしいライトタイプのテネシーウイスキー。

ジャックダニエルと飲み比べても面白いと思いますよ!

 

是非ご賞味ください。

 

「ジョージディッケル No8」:シングル 900

 

 

(※1):「テネシー・ウイスキー」の称号は、テネシー州で蒸留、テネシー州産のサトウカエデの炭で濾過、テネシー州で熟成して初めて称号を得ることが出来ます。

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

一般社団法人 

笑い文字及協会

認定講師Mさんより