★ 瀬戸内寂聴 ~ 最後の不倫相手は・・・?

今東光の勧めで出家した瀬戸内寂聴さんが119日に亡くなりましたね。

 

享年99歳。

 

合掌‼

 

寂聴さんが亡くなられて、知ったことが2つ。

 

1つは瀬戸内寂聴さんは、故母の一つ下でした。

 

母は大正10年生れ。

そうか・・・、母が生きていれば今年100歳だったのか~・・・。

 

 

これはあくまでも個人的な話でしたね。

で、もう一つ。

何の番組か忘れましたが、訃報番組で「寂聴さんが仏門に入る前、まだ俗世間にいる頃の話で最後の愛人が井上光晴さん・・・」と放送されビックリ。

 

何と僕の大好きな作家の一人である井上光晴(いのうえ みつはる)が最期の愛人だったとは・・・。

 

時代は1960年代中頃の話。

当時は有名な話だったそうですが・・・・、僕は知りませんでした。

 

学生時代、静岡から来た同級生のK君が「これ、とても良い本だから」と言って教えてくれたのが井上光晴の「地の群れ」。

 

それ以来、井上光晴の作品に嵌っちゃってね・・・。

 

長崎原爆の被爆者、部落、朝鮮、炭鉱等、虐げられた人々をテーマにした「地の群れ」、長崎の青年たちが出征する友の壮行会に集まった時、どうのように徴兵から逃れられるか等青年の心の葛藤を描いた「ガダルカナル戦詩集」、朝鮮人に対する差別を描いた「虚構のクレーン」等々、長崎で生れ育った自らの原体験をバネに虐げられた人々をテーマに作品を書き続けた作家。

 

その他にも朝鮮戦争をテーマにした「他国の死」、スターリン時代のソ連をテーマにした「黒い森林」、原爆投下前日の市民の生活を描いた「明日 一九四五年八月八日・長崎」等々。

 

テーマは重いですが、とても面白い小説なので興味のある方は読んでください。

 

で、この井上光晴が「寂聴、最期の愛人」だったとは・・・・・・、本当にビックリだよね。

 

 

 

煩悩多き人間には宗教が必要なのか・・・・な?

寂聴さんの師匠・今東光の「悪名」もとても面白い小説なので読んでください。

 

この小説は映画化され、主人公の河内の暴れ者・八尾の朝吉(姓は村上)を勝新太郎が、弟分のモートルの貞は自殺した田宮二郎が演じています。

 

小説も映画も面白かったな~!

 

アッ、思い出した!

 

「悪名」の主役と同じ名前の“村上朝吉”さんという好青年が、かわいい女の子と一緒に当店に良く遊びに来てくださいます。

 

 

感謝!!

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

一般社団法人 

笑い文字及協会

認定講師Mさんより