★ 世界が認めた「ジャパニーズ・ウイスキー」

日本のウイスキーは本当に美味しくなりましたよね。

 

 学生の頃、洋酒(スコッチ・バーボン)はとても高価で贅沢品の1つでした。

今では信じられないでしょうが、ジャックダニエルが大学当時(1970年前後)1万円(当時1ドル=360円)したんですよ。

だから4年生の時に旅行したアメリカ土産として免税店で一番安いバーボン/ジャックダニエルを3本買ってきたのを覚えていますています。

当時社会人になったら高級なウイスキーをボトルキープする、銀座のバーでウイスキー特に「オールド」をボトルキープすることがステイタスだったんですから・・・・。

 

 時代は変わって、いつの間にか「ジャック」も「オールド」も2~3千円ぐらいで買える時代に・・・。

でも、その分、他の美味しいウイスキーも簡単に入手できるようになりましたネ。

 

しかし、日本のウイスキーは本当に美味しくなったと思います。

サントリー「山崎」、「響」、「白州」シリーズやニッカ「竹鶴」シリーズ、「カフェモルト」等々・・・、海外でも評判良く嬉しい限りです。

でも残念なことに・・・、ほとんどの・ジャパニーズ・ウイスキーが入手困難になってしまいました。

 

 国税庁が発表した2020年の日本産酒類の輸出金額は710億円とか。

世界中で新型コロナウイルスが大流行しているにもかかわらず、前年を7.5%上回り過去最高を更新したそうです。

特に2010年以降、ジャパニーズ・ウイスキーの輸出金額が年々増加。

2010年は17億円、2015年には100億円を超え、2020年には271億円となり、約10年で16倍に。

この結果、2020年輸出金額の構成比でウイスキーは約4割を占め、清酒を上回り酒類別で初の第1位を記録したそうです。

 

 ジャパニーズ・ウイスキーの輸出が増えたということは、、ジャパニーズ・ウイスキーの品質の高さが世界で認められたからでしょうね。

2000年頃からジャパニーズ・ウイスキーが国際的なウイスキー・コンテストで上位入賞となり、数々のアワードを獲得し始めました。

 

 サントリーの「山崎」「響」「白州」シリーズ、ニッカの「竹鶴」シリーズ、ベンチャーウイスキーの「イチローズ・モルト」シリーズ等々・・・・。

 

 日本発のウイスキーが「本当に美味いウイスキーであり、5大ウイスキーの1つである」と世界に認められたのは嬉しい限りです。

 

現在、最も注目されているのが長濱蒸留所のウイスキー。

 

 長濱蒸留所のウイスキーも2020に世界的なウイスキーのコンペティション「ワールド ウイスキー アワード」において、ジャパニーズ ブレンデッドモルト ノンエイジ部門の最高賞(カテゴリーウィナー)を受賞

 

世界で認められるのは嬉しいのですが、賞をとると益々入手困難になりますよね!

中にはかなり高騰し、入手すらできません・・・・・。

日本人が造ったジャパニーズ・ウイスキーを日本人の僕らが飲めないなんて・・・・。

悲しすぎます・・・・。

 

で、現在休業中ですが、比較的入手しやすい「アマハガン」シリーズ4本を入手しました。

営業再開の目玉にしたいと思っています。

 

 

次回ご紹介しますね!!

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

一般社団法人 

笑い文字及協会

認定講師Mさんより