★Bay City Rollersのレスリー・マッコーエン死去!

当店でもリクエストの多いBay City Rollersのリードボーカル レスリー・マッコーエン(写真:中央)が20日に死去されましたね。

 

「自宅で急死した」とされていますが、死因は不明。

 

享年65歳。

 

合掌!!

Bay City Rollersが一世を風靡したのは、1970年代中頃。

 

当時彼らの音楽は「女・子供が聞く音楽」(失礼な発言ですみません。でも当時このように表現されたていました)と言われ、ハードロック・ファンは完全に馬鹿にしていました。

 

でも、彼らのサウンドには大好きな60年代アメリカン・ポップスに共通するものがあり、周りには黙ってBest盤を購入。

結構聞きこみましたよ!

 

 

お店を始めてから知ったのですが、「隠れBay City」が結構いらっしゃいます。

 

60歳近い男性から「Saturday Nightある?」とリクエスト。

 

何か、とても親近感を覚え・・・・「有りますよ、有りますよ~」と、嬉々としてレコードをプレイヤーの上に・・・。

 

曲が始まると、その男性がマッカラン12年のロックを飲みながら小さい声で「SaturdayNight!」と口ずさんでいる。

微笑ましい光景・・・。

 

 

最高で~す!!

僕が好きなBay City Rollersの曲

 

・「Saturday Night/邦題:サタデー・ナイト」1975年リリース。

 

この曲のオリジナルはノビー・クラークで、1973年に発表されましたが、チャート入りはしなかった。

Bay City Rollers版は、1975年末米国でリリースされ、197613日にBillboard Hot 100No.1に。

 

カナダでも、1976110日付でNo.1になりました。

・「Bye Bye Baby/邦題:バイ・バイ・ベイビー」

 

オリジナルは1965年に発表された僕の大好きなフォー・シーズンズの曲。

 

Bay City Rollers版は、6週連続全英1位に輝く大ヒットに。

一番前の白いセーターを着ているのが、当店でもリクエストの多い「君の瞳に恋してる/原題: Can't Take My Eyes Off You」のFrankie Valli

・「I Only Want To Be With You/邦題:二人だけのデート」

 

オリジナル曲は、ダスティ・スプリングフィールドが1963年に発表したデビュー曲。

Bay City Rollers版は、世界的なリバイバル・ヒット。

 

日本でも大ヒットし、TBS『はなまるマーケット』のオープニングテーマ曲に使用されました。

・「My Teenage Heart/邦題:ひとりぼっちの十代」

 

この曲はヒットしませんでしたが、60年代のアメリカン・ポップスを彷彿させる曲。

60年代アメリカンポップスが大好きヴェンチャーズの曲などを演奏するバンドでドラムを担当しているお客様がリクエストくれた時は嬉しかったな~・・・・。

 

本当に大好きで、たまにかけています。

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

一般社団法人 

笑い文字及協会

認定講師Mさんより