★ DVD映画「天使にラブ・ソングを…/原題: Sister Act」

大好きな映画の1本。

 

1992年製作のアメリカ映画。

 

クラブ歌手として働くデロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)。

 

愛人であるギャングのヴィンスが、裏切り者を殺害する場面を目撃。

 

そのため命を狙われる身になるが、警察に保護され新米シスターとして修道院に身を隠すことに。

 

修道院で怖い院長のもと、規律に縛られた日々を過ごす彼女はある日聖歌隊のリーダーに任命される。

 

デロリスは歌手としての本領を発揮し、冴えない聖歌隊を鍛え上げ、ロックやソウルを取り入れたパフォーマンスで街中の注目を集めていきます。

 

最後は、大好きなLittle Peggy Marchの「I Will Follow Him」をゴスペル風にアレンジし、教会で歌い大喝采!

 

良かった、良かった!!

 

同映画は、アメリカでは6ヶ月を記録する大ヒットロングランとなり、主演のウーピー・ゴールドバーグの人気を不動のものにしたミュージック・コメディです。

 

当然ストーリーも面白いけど、何といっても音楽が最高!

 

主人公のシスター・メアリー・クラレンス(ウーピー・ゴールドバーグ)が映画の中で「50年代~60年代が大好き」と言うことで、Supremes風の曲や1964年に全米No.1,全英No.5になったMary Wellsの「My Guy」、1963年に全米No.1に輝いたLittle Peggy MarchI Will Follow Him」等が流れます。

 

特にLittle Peggy MarchI Will Follow Him」は、中学生の頃、大好きなアメリカン・ポップスの1曲。

 

映画の中で最後にこの曲を教会で歌うのですが・・・・、もう涙・涙・・・でした。

 

有名な映画なので観ている方は多いでしょうが、まだ観ていない人は是非観てください。

 

同映画は、累計興行収入23,160万ドル(国内13,960万ドル、海外9,200万ドル)で、1992年の世界興収記録としては第8位を記録したそうです。

 

コロナ騒動で実現できるかどうかわかりませんが、今年2021年にロンドンでミュージカルになるそうです。

 

当然、ウーピー・ゴールドバーグがデロリス役を28年ぶりの再演とか・・・。

●ウーピー・ゴールドバーグ

Whoopi Goldberg

 

アメリカ合衆国ニューヨーク出身の女優、コメディエンヌ、歌手。

 

エミー賞、グラミー賞、オスカー(アカデミー賞)、トニー賞の4つの賞をすべて受賞した女優。

 

1984年の「The Spook Show」で第28回グラミー賞最優秀コメディ・アルバム賞受賞。

 

1985年「The Color Purple」でゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門) 受賞。

 

1990年「Ghost/邦題:ゴースト・ニューヨークの幻」アカデミー助演女優賞、ゴールデングローブ賞 助演女優賞、英国アカデミー賞 助演女優賞 受賞

1993年に「天使にラブ・ソングを/1&2」の演技でアメリカン・コメディ・アワード受賞。

 

 

2001TVアニメ「キング・オブ・ザ・ヒル」の声優でアニー賞受賞。

Little Peggy MarchI Will Follow Him

 

大好きな曲。

この曲は、ペトゥラ・クラーク「愛のシャリオ」のカヴァー曲。

 

1963年、全米シングルチャート/ビルボード・ホット100No.1に輝く。

 

当時15歳のLittle Peggy Marchは「最年少1位獲得記録」を樹立。

 

 

しかし、同年、スティーヴィー・ワンダー(当時13歳)に最年少1位獲得記録は更新されましたが、現在なお最年少1位獲得女性歌手の記録は破られていません。

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

「一般社団法人 笑い文字

及協会」認定講師Mさんより頂戴しました。