★ 就寝前読書 山崎豊子(著) 「約束の海」(遺作・未完) 読了

 釣りが好きで、サラリーマン時代は毎週土曜日には釣り船に乗っていました。

 

東京湾で釣りをしていると、よく潜水艦をみかけます。

潜水艦を見ると、「なだしお事件」を思い出します。

「なだしお事件」の正式名は、「潜水艦なだしお遊漁船第一富士丸衝突事件」。

 

1988年(昭和63年)723日に海上自衛隊潜水艦と遊漁船が衝突した事件で遊漁船が沈没し、30名の釣り人が亡くなりました。

 

山崎豊子(著)「約束の海」は、この事件から始まります。

 

また、山崎女史は、以前より真珠湾攻撃時に「米軍の捕虜第一号となった旧帝国海軍少尉となり、捕虜の身ながら一人だけ武器を使わない戦争をしていた人物~酒巻和男」という実在人物に強く興味をひかれたそうです。

そして、構想30年にして遺作となったのが「約束の海」。

 

海上自衛隊の潜水艦「くにしお」と釣り船が衝突、多数の犠牲者が出る惨事に。

「酒巻和男」を父に持つ若き乗組員・花巻朔太郎は、事件後マスコミの批判、遺族対応、海難審判……世間の猛烈な自衛隊批判に直面。

 

「海難事故」を通して、自衛隊の存在意義とは何か、戦争とは何か、平和とは何かと問いかける。

「国防の仕事に就いている人たちは、どこの国でも、国民に敬愛されこそすれ、こんなに嫌悪されているのは日本だけ」と悩むが、「国を護る、戦争を起こさない努力をする仕事」が自衛隊であると結論に至る。

 

捕虜第一号の父と自衛隊の存在意義に悩む主人公の若き乗組員・花巻朔太郎の二人は「ここで日本の海を二度と戦場にしてはならない」と約束。

時代に翻弄されながら、それぞれの時代に抗う父子二代・百年近くにもわたる壮大な物語。

 

ですが、残念ながら山崎女子は病に倒れ、第一部・第五章までを書き終えたところで逝去され、残念ながら未完となってしまいました。

「約束の海」は未完ですが、とても面白い小説でした。

 

最後に、山崎女史が「出筆にあたって」で次のような言葉を残しています。

「戦争は絶対に反対ですが、だからといって、守るだけの力を持ってはいけない、と言う考えには同調できません。

いろいろと勉強していくうちに、「戦争をしないための軍隊」、と言う存在を追及してみたくなりました。

・・・・自衛隊は反対だとかイエスかノーかで単純に割り切れなくなった時代です。

そこを読者の皆さんと一緒に考えて生きたいのです。

今はその意義を再び考え直すタイミングなのかもしれません。」

 

余談ですが、同本で潜水艦乗りの仕事、潜水艦の生活や、任務が結構細かく書いてあったのも面白い。

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年7月のお休み

 

 2日(日)

 3日(月)

 9日(日)

10日(月)

16日(日)

17日(月)

23日(日)

24日(月)

30日(日)

31日(月)