★ Glenn Frey & Eagles (当店所有アナログ・レコード)

 2016118日、リウマチ性関節炎や肺炎による合併症により死去したグレン・フライ(享年67歳)について説明するのは、今更のようで恥ずかしいのですが・・・・、若い方を対象に説明させていただきます。

 

グレン・フライの説明には、イーグルスを外すことができませんよね。

当店でももっともリクエストの多いバンド。

 

Glenn Freyは、1970年代のウェストコースト・ロックを代表するバンドで、イーグルスの創設メンバーでありリーダー。

 

1970年にドン・ヘンリーと出会い、一緒にリンダ・ロンシュタットのバックアップ・ミュージシャンを務めたことがきっかけで1971年にイーグルスを結成。

 

「テイク・イット・イージー」「テキーラ・サンライズ」「過ぎた事」「いつわりの瞳」「ニュー・キッド・イン・タウン」「ハートエイク・トゥナイト」etcのリードボーカル。

 

1980年イーグルス解散後もソロ・アーティストとして「The Heat Is On」等が大ヒット。

 

イーグルスのメンバーとしてグラミー賞を6回、アメリカン・ミュージック・アワードを5回受賞し、イーグルス名義、ソロ名義合わせて24曲をトップ40に送り込んでいます。

 

1998年にはイーグルスとしてロックの殿堂入りも果たした。

1994年にイーグルスを再結成し、Long Road Out Of Eden」No1を獲得しています。

 

全米レコード協会によると、イーグルスのアルバム、シングルの総売上枚数は1億枚を超え、アメリカ音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞を6回受賞しています。

 

レコードが全く売れない若きグレン・フライが住んでいたアパートの階下からは、何時も

ギターの音と歌声が聞こえていたとか・・・・。

その階下の人間が、これまた全く売れていない頃のジャクソン・ブラウン。

 

ある日グレン・フライは、仲良くなったジャクソン・ブラウンを訪ねた時、とても気持ちの良い曲を演奏していたとか・・・。

グレン・フライがその曲に即興で詞を付け歌いだすと、ジャクソン・ブラウンが「この曲、君に任せる」と言ったのでイーグルスの1stアルバムに入れシングルカットされたら大ヒットとなった。

● 「Eagles

 

1972年発表の1stアルバム。

 

ジャクソン・ブラウンから任された曲が、「Take It Easy」。

 

日本のTV番組「田舎に泊まろう!」ので使用されているので、若い方もご存知ですよね!

 

グレン・フライが亡くなった翌日、ジャクソン・ブラウンは自身のコンサートで「テイク・イット・イージー」を捧げたそうです。

 

1stアルバムは、USA・Billboard・アルバムチャートで22位を記録。

「ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500」で368位。

● 「Desperado

 

1973年発表の2ndアルバム

 

USA・Billboard・アルバムチャートで41位を記録。

シングルカットされた「テキーラ・サンライズ」もヒット。

 

西部開拓時代のならず者/イーグルス扮するドゥーリン=ドルトン・ギャングの盛衰をテーマにしたコンセプト・アルバム。

 

このアルバムからグレン・フライとドン・ヘンリーのソング・ライティングチームが誕生。

 

「ならず者」は、シングルカットされていませんが、リンダ・ロンシュタットやカーペンターズ(邦題は「愛は虹の色」)等にカバーされたり、日本のTBSテレビ『ホテルコンシェルジュ』テーマソング、20071月クールの木村拓哉主演ドラマTBS日曜劇場「華麗なる一族」の挿入歌、2010年公開の映画「十三人の刺客」の主題歌に使用されています。

● 「On The Border

 

1974年発表の3rdアルバム。

 

USA・Billboard・アルバムチャートで17位を記録。

 

このアルバムのレコーディング中にギタリストのドン・フェルダーが招かれバンドに加入。

 

シングルカットされた「The Best Of My Love /邦題:我が愛の至上」が大ヒットとなりUSA・Billboard・シングルチャートでNo1ヒットを獲得。

● 「One Of These Nights

 

1975年発表の4thアルバム。

 

イーグルスのアルバムとして初めてUSA・Billboard・アルバムチャートで1位を記録。

 

このアルバムからシングルカットされた3枚が大ヒット。

 

「呪われた夜」が1位、「いつわりの瞳」が2位、「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」が8位を記録。

 

ギターのバーニー・レドンは、アルバムリリース後19751220日に脱退。

 

この時に加入したのがジェイムス・ギャング(※)のギタリスト・ボーカリストで「ウォーク・アウェイ」などの全米大ヒット曲を飛ばし、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第54位ランクインしているジョー・ウォルシュ(※)なんですよ!!

 

※「ジェイムス・ギャング」、ジョー・ウォルシュについては、後日(?)ご紹介。

●「Hotel California

 

1976年発表の5枚目のアルバム。

 

この時のメンバーが最強!!

グレン・フライ(Guitars, Keyboards, Vocals)、ドン・ヘンリー(Drums, Vocals)、ランディ・マイズナー(Bass, Vocals)、ドン・フェルダー(Guitars, Vocals)、ジョー・ウォルシュ(Guitars, Keyboards, Vocals)。

 

USA・Billboard・アルバムチャートNo.1、UKでNo.2を獲得。

シングル・カットされた「New Kid In Town(※1)」、「Hotel California(※2)」もUSA・Billboard・シングルチャートでNo1ヒットを獲得、「Life in the fast lane/邦題:駆け足の人生」は11位を記録。

 

同年度グラミー賞最優秀レコード賞受賞。

 

1976年グラミー賞最優秀レコード賞を受彰、現在までに米国内で1,600万枚以上、全世界で2,000万枚以上を売り上げている。

 

「ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500」37位にランクイン。

 

1:「New Kid In Town

イーグルスにとって3作目の全米1位獲得シングル。

ビルボードのアダルト・コンテンポラリー・チャートで2位、カントリー・シングル・チャートでは43位を記録し、グラミー賞最優秀ボーカル・アレンジメント賞を受賞。

 

2:「Hotel California

ジャケット写真の建造物は実在のホテルですが、「ホテル・カリフォルニア」という屋号ではなく、カリフォルニア州ロサンゼルス郡ビバリーヒルズ市所在でサンセット大通りに面している高級ホテル「ビバリーヒルズ・ホテル/愛称:ピンク・パレス」です。

 

ジャケット内面の写真には、夢と現実の落差を象徴する寂れた雰囲気を表現するために「ビバリーヒルズ・ホテル」よりも数段格落ちの「リド・ホテル」の内装を撮影したそうです。

で、「リド・ホテル」は、アルバム・ジャケットに用いられて以降、観光スポットになりましたが、現在は廃業し、賃貸アパートとなっているそうですよ!!

● 「The Long Run

 

1979年発表の6枚目で最後のスタジオアルバム。

 

このアルバムからベースで元POCOのティモシー・シュミットが参加。

 

シングルカットされた「ハートエイク・トゥナイト」「ロング・ラン」「言いだせなくて」の3枚が大ヒット。

 

アルバム自体もUSA・Billboard・アルバムチャートNo.1を獲得。

日本のオリコンチャートで1位を獲得。

● 「Eagles Live」

 

1980年発表のLIVE盤。

 

1976年の「Hotel California」発表後のワールド・ツアーと「The Long Run」発表後に行ったワールド・ツアーのライブの模様を収録。

 

USA・Billboard・アルバムチャートで6位を記録。

 

そして、イーグルスは1982年に解散。

● 「Long Road Out Of Eden

 

1994年に、第1期最終メンバーによって再結成。

 

2007に発表された同アルバムは、1979年の「The Long Run」。以来、28年振りのオリジナル・アルバム。

 

USA,UKで初登場1位を獲得。

● 「Their Greatest Hits 1971-1975

 

1976年に発表されたBestアルバム。

 

1971年のデビュー曲「テイク・イット・イージー」から1975年発表の呪われた夜」までの楽曲を収録されており、USAで1位、UKで2位を記録。

 

世界で最も売れたベストアルバムとして知られる。

当時、全米だけで2900万枚を売り、1982年のマイケル・ジャクソンの「スリラー(3000万枚以上)に次ぐ、全米歴代2位のセールス記録となっています。

● クリスマスソング・シングル盤 「二人だけのクリスマス」

 

僕らの時代のクリスマスソングの定番と言えば、ビング・クロスビー、パット・ブーン。

40代・50代の方は、ワム、ジョン・レノン、山下達郎。

20代・30代は・・・・・・、分らない・・・・。

 

イーグルスのこのシングル盤は、1978年のクリスマスシーズンにUSA・Billboard・シングルチャートで18位を記録。

 

しかし、オリジナル曲は、全米76位のヒットとなったブルースシンガー兼ピアニストのチャールズ・ブラウンと言うアーチスト。

 

この曲のJohn Bon Joviのバージョンもあるらしい・・・・・・!?  

● 「NO FUN ALOUD」

 

1982年発表のグレン・フライ ソロアルバム。

 

USA・Billboard・アルバムチャート32位。  

 

このアルバムから「I Found Somebody」、「That Girl」、「The One You Love」の3曲が、USA・クラシック・ロック系サイトUltimate Classic Rockが発表した「グレン・フライのソロ曲 TOP10」で選ばれています。

● 映画挿入歌「The Heat Is On

 

1984年のエディ・マーフィー主演の映画「Beverly Hills Cop」の挿入歌。

 

USA・Billboard・アルバムチャートで2位なる大ヒット曲。

 

 

《参考》米ローリングストーンと米Ultimate Classic Rockが発表した「グレン・フライの必聴20曲」「グレン・フライの活躍が光るイーグルス楽曲 TOP10

 

"Ramblin' Gamblin' Man" (1969)

"Take It Easy" (1972)

"Peaceful Easy Feeling" (1972)

"Tequila Sunrise" (1973)

"Doolin-Dalton" (1973)

"Desperado" (1973)

"Already Gone" (1974)

"James Dean" (1974)

"Lyin' Eyes" (1975)

"After the Thrill Is Gone" (1975)

"New Kid in Town" (1976)

"Wasted Time" (1976)

"Life in the Fast Lane" (1977)

"Heartache Tonight" (1979)

"I Can't Tell You Why" (1980)

"The One You Love" (1982)

"Smuggler's Blues" (1984)

"The Heat Is On" (1984)

"You Belong to the City" (1985)

"Busy Being Fabulous" (2007)

 

● Ultimate Classic Rock編 TOP10

  1. Take it Easy” From:Eagles(1972)

  2. Already Gone” From:On the Border(1974)

  3. Heartache Tonight” From:The Long Run(1979)

  4. Tequila Sunrise” From:Desperado(1973)

  5. “James Dean”From: ‘On the Border’ (1974)

  6. New Kid in Town” From:Hotel California(1976)

  7. Peaceful Easy Feeling” From:Eagles(1972)

  8. After the Thrill is Gone” From:One of These Nights(1975)

  9. LyinEyes” From:One of These Nights(1975)

  10. Out of Control” From:Desperado(1973)

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年6月のお休み

 

 4日(日)

 5日(月)

11日(日)

12日(月)

18日(日)

19日(月)

25日(日)

26日(月)