★REO Speedwagonの全盛期を支えたギタリスト~Gary Richrath(ゲイリー・リッチラス)死去!

REOスピードワゴンの全盛期を支えたギタリスト~ゲイリー・リッチラスが亡くなったそうです。


死因は明らかにされていません。


当店所有のREOのアナログレコードは、4枚。

どれもゲイリー・リッチラスのギターが聴ける胸キュンの最高アルバムです。

Gary Richrath(ゲイリー・リッチラス)、享年65歳。

ほぼ同じ年・・・、何か寂しい・・・・。

お疲れ様でした。

心より合掌!!


REO Speedwagonは、「アメリカでは全く売れていない。しかし、長続きしているバンド」と評されていたバンド。

デビューが1971年なのに売れたのが1981年発表の11作目「Hi Infidelity/邦題:禁じられた夜」だったんですから・・・。


1971年と言えば、僕が学生の頃ですよ。

その時代と言えば、ツェッペリン、パープル、CCR、グランド・ファンク、サンタナ、ピンクフロイドなど等が有名だった頃ですよ・・・。

如何に古いバンドか、分かりますよね。

REO SpeedwagonのRの字も届いていません。

届いていないのも当然だよね。

本国アメリカでも「長く続いているけど、売れないバンド」だったんですから・・・。


しか~し、バンドはメンバーチェンジを繰り返し、遂についに栄光の座を射止めるのです!!


当店所有のREOのアナログレコードをご紹介しますね!

● 「Hi Infidelity/邦題:禁じられた夜」


1981年発表の11作目のアルバム。


発表時、ビルボード・アルバムチャートで8週連続全米No.1に輝いていたのはジョン・レノンの「ダブル・ファンタジー」。


このジョン・レノンをNo.1から引きずり落したのがこのアルバムで、15週連続全米No.1を獲得。


売上枚数も最終的には全世界で2000万枚近くなり、この年の年間アルバムチャートでも「ダブル・ファンタジー」を抑えて年間第1位を獲得。


このアルバムからシングルカットされた「Keep On Loving Youキープ・オン・ラヴィング・ユー」はビルボード・シングルチャートで全米No.1を獲得し、この年の年間シングルチャート第10位を記録。


その他に「Take It on the Runテイク・イット・オン・ザ・ラン」は、全米5位を記録、「Don't Let Him Goドント・レット・ヒム・ゴー」は全米24位に、「In Your Letter涙のレター」は、全米20位を記録。

● 「Good Trouble/邦題:グッド・トラブル」


1982年発表の12枚目のオリジナルアルバム。

前作の大ヒットを受け、全米7位を記録。


ジャケットも前作を引き継いでいます。

「禁じられた夜」で不倫の舞台となったホテルの一室。

翌朝,従業員が清掃にやって来て見たものは荒れ放題の部屋。

「夕べは派手に頑張ったみたいだね!」と、ぼやく声が聞こえてきそうなジャケットになっています。


このアルバムからシングルカットされえた「Keep The Fire Burnin'」、「Sweet Time」が大ヒット。

前作の成功が大きすぎて、その影に隠れてしまいがちですが、なかなか良いできです。

古き良きアメリカン・ロックの匂いが感じられるアルバムです。

● 「Wheels Are Turnin


1985年発表の13作目のアルバム。


このアルバムからシングルカットされた「Can't Fight This Feeling涙のフィーリング」がビルボード・シングルチャートで3週連続第1位を獲得。


その他に「"I Do' Wanna Know愛は気ままに」「"One Lonely Nightワン・ロンリー・ナイト」「Live Every Momentリヴ・エヴリ・モーメント」がシングルカットされ、結果、アルバムもロング・セラーを記録し、全米アルバム・チャートで7位を記録。


年間チャート18位の好セールスを記録。

● 「Life As We Know It/邦題:人生はロックンロール」


1987年発表の14枚目のアルバム。


シングルカットされた「That Ain't Love」と「In My Dreams」が、ビルボード・トップ20位にはいる大ヒットに。


アルバム自体もビルボード・アルバムチャートで28位を記録。

しかしながら、このアルバムが黄金期のメンバーでレコーディングされた最後となってしまいます。

● 「Earth a Small Man His Dog and a Chicken

 

1990年発表。

 

この時点では、Gary Richrathはバンドにいませんし、ヒット曲はありませんが、捨て曲なしのアルバムに仕上がっています。

 

バンド結成から苦しい時期を乗り越え、1980年代に花開いたREOスピードワゴン。


デビュー当時からバンドの中心的存在として多くの作品を生み出したGary Richrathに心から感謝!!


お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年5月のお休み

 

 1日(月

 3日(水)

 4日(木)

 5日(金)

 7日(日)

 8日(月)

14日(日)

15日(月)

21日(日)

22日(月)

28日(日)

29日(月)