★ リバプール・サウンド ⑨  The Hollies/ホリーズ

若き日のグラハム・ナッシュ
若き日のグラハム・ナッシュ

ある年齢以上の方にしか通じないジョークですが・・・、「バス ストップといえば平浩二」と言うぐらいに日本でも大ヒットしたHolliesの「Bus Stop」。

 

Holliesは、あのGraham Nash/グラハム・ナッシュが中心のグループ。


バンド名は、メンバーが好きだったBuddy Holly/バディ・ホリーから付けたと言われています。

 

1963年に発表された1stシングル「(Ain't That) Just Like Me」がUK25位を記録。

3rdシングル「ステイ」が初のUKトップ10入りに。

641月に発売した1stアルバム「ステイ・ウィズ・ザ・ホリーズ」は、UK2位の大ヒットを記録。


イギリスでは順調にヒットを飛ばしていましたが、何故かブリティッシュ・インヴェイジョンの波に乗れず、一番遅咲きのグループとなってしまったのがHollies


しかし、1966年に発表された12枚目のシングル「Bus Stop」がついにアメリカでも認められ、USAビルボード・シングルチャートで5位を記録し世界的な大ヒットに。


12弦アコースティック・ギターを使用したサウンドが、当時流行のフォーク・ロックとみなされたのが成功の要因とされています。

当店所有のHollies/Best盤
当店所有のHollies/Best盤

当然、日本でも大ヒット。


当時日本の洋楽状況はアメリカ経由で入ってくるので、この「Bus Stop」がHollies1stシングルだと思っていたので、「偉大なる1発屋」のグループ認識しかありませんでした。


でも、この曲が大好きでね・・・、学生時代にBEST盤購入し、「偉大なる1発屋」の認識は、日本だけだということを知りました。


6610月発売の「Stop! Stop! Stop」がUK2位、USA7位を記録し世界での人気も不動のものとなりました。


しかし、次のアルバムで揉め、グラハム・ナッシュは1968年にHolliesを脱退。


その後、グラハム・ナッシュは訪米中に知り合ったByrdsDavid Crosby/デビッド・クロスビー、Buffalo Springfield/バッファロー・スプリングフィールドのStephen Stills/スティーブン・スティルスと共にCSN/クロスビー、スティルス&ナッシュを結成したのは有名ですよね!!

 

一方のHolliesは、1969年にグラハム・ナッシュと揉めたアルバム「ホリーズ・シング・ディラン」を完成させ、 1968年に来日公演を果たしています。


Holliesは、1974年に「Air That I Breathe/邦題:安らぎの世界へ」が世界的ヒットを記録しますが、が、これが最後のヒット曲となり解散。


2010年、ロックの殿堂入りを果たしています。

 

余談ですが、冒頭の「バス ストップといえば平浩二」ですが・・・・・、平浩二のバスストップがリリースされたのはHolliesBus Stop」の7年後なんですよ!


キャンディーズも「Bus Stop」をカヴァーしているとか・・・・?


お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年8月のお休み

 

 6日(日)

 7日(月)

11日(金)

12日(土)

13日(日)

14日(月)

15日(火)

20日(日)

21日(月)

27日(日)

28日(月)