★映画「パーソナル・ソング」~1000ドルの薬より、1曲の音楽を!

TV情報番組で「パーソナル・ソング」と言うとてもいい映画を紹介していました。


認知症やアルツハイマー患者への音楽療法を題材にしたドキュメンタリー映画です。


解説によるとアメリカのみならず、カナダ、イタリア、イギリスなど世界各地で非常に高い評価を受けた映画で、既存の治療法以外に新しい可能性を見出だす感動のドキュメンタリーとか・・・。


いまだ特効薬がなく、先進国の間で深刻な社会問題化している認知症やアルツハイマー。

現在、全米で500万人、日本でも高齢者の4人に1人、約400万人以上いるとされ、今後も爆発的に増え続けると言われています。


映画は、かつてIT業界で働いていたアメリカのソーシャルワーカー ダン・コーエンが、

「患者が自分の好きな歌(パーソナル・ソング)を聞くと、音楽の記憶とともに何かを思い出すのではないか」と考え、実験をはじめたところ、すぐに効果が表れる。


彼は、長年認知症を患い娘の名前も思い出せずふさぎ込んでいる94歳の黒人男性ヘンリーに昔好きだったキャブ・キャロウェイの音楽を聴かせたところ、ヘンリーは突然スイッチが入ったように音楽に合わせて陽気に歌いだし周囲を驚かせる。

ヘンリーは音楽を止めた後も饒舌になり、音楽の素晴らしさや仕事のこと、家族のことを次々に語りだした。


もう一人の黒人男性は、大好きだったルイ・アームストロングの「聖者の行進」を聞いた瞬間に、全く表情の無かった顔が一変。とても嬉しそうに体を動かし、踊り始めました。

他の患者達も、この音楽療法によって劇的な変化を見せるようになります。


大好きな音楽を聴くことにより、人間が失われた記憶を取りもどすという奇跡の瞬間をとらえた映像に・・・・、思わず・・・涙・・・・。


音楽療法は、科学的に解明されていないという理由で医療現場では使われていないらしいけど、この予告編を見ているともっと積極的に取り上げてもいいと思います。


この予告編を見ながら僕は妻に「万一認知症になった時には、60年代初頭のアメリカンポップスをお願いね!!」と・・・・・。


なお、同作は2014年の「サンダンス国際映画祭」ドキュメンタリー部門で観客賞を受賞。本編完成前にネット上で公開された映像が1週間で700万再生を超えたほか、スティーブン・スピルバーグやトム・ハンクスが絶賛しているようです。


お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年10月のお休み

 

 1日(日)

 2日(月)

 8日(日)

 9日(月)

15日(日)

16日(月)

22日(土)

23日(月)

29日(日)

30日(月)