★ Paul McCartney & WINGS ~ (2)

● London Town/邦題:ロンドン タウン


1978年発表のWINGS名義での6thアルバム。


メンバーの脱退によりポール&リンダ、デニー・レインの3人編成で制作されたアルバム。


シングルカットされた「しあわせの予感」は、USANo.1に輝きました。

アルバムもUK4位、USAでは2位を記録。

● Wings Greatest


 1978年発表でWings初のBEST盤。


当時、このベスト盤を毎日聴いていた記憶があります。


文字通りのBEST盤で、最高です!


● Back to the Egg/邦題:バック・トゥ・ジ・エッグ


1979年発表のWINGS名義での7枚目であり、WINGS最後のアルバム。


このアルバムに参加したロック版オーケストラ「ロケストラ」が当時評判になりました。


「ロケストラ」のメンバーが凄すぎます。

WHOのピート・タウンゼント、ケニー・ジョーンズ。

Pink Floydのデヴィッド・ギルモア。

Led Zeppelinのジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズ。

Procol Harumのゲイリー・ブルッカー。

Small Facesのロニー・レイン・・・・・等。


凄いでしょ!

アルバムは、UK6位、USA8位を記録。

● Tug of War/邦題:タッグ・オブ・ウォー


1982年に発表されたPaul4枚目の オリジナルアルバム。

プロデューサーにジョージ・マーティンを起用。


レコーディングには、フィル・コリンズ、スティーヴ・ガッドやスタンリー・クラーク等が参加。


先行発売されたシングル「エボニー・アンド・アイボリー」はスティビー・ワンダーとのデュエットで、全世界で大ヒット。


アルバムもアメリカやイギリスをはじめ世界数カ国でNo.1を獲得し、1983年度のグラミー賞ではアルバム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされています。

● Pipes of Peace/邦題:パイプス・オブ・ピース


1983年発表。


前作同様、ジョージ・マーティンがプロデュース。


シングルカットされた故マイケル・ジャクソンとの「Say Say Say」は、USA1位、UK2位を獲得する大ヒット。


アルバムもUK4位、USA15位を記録。

● Give My Regard to Broad Street/邦題:ヤァ!ブロード・ストリート


1984年発表。

同名映画「Give My Regard to Broad Street」のサウンドトラック盤。


このアルバムも参加しているメンバーがすごい!!


ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモア、リンゴ・スター、10ccのエリック・スチュワート、レッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズ、TOTOのスティーヴ・ルカサーとジェフ・ポーカロ・・・・。


何と贅沢なゲストなんでしょうね~!!


名曲「No More Lonely Nights」のギターは、デイヴ・ギルモアです!


アルバムは、UK1位を獲得し、USAでは21位を記録。

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年10月のお休み

 

 1日(日)

 2日(月)

 8日(日)

 9日(月)

15日(日)

16日(月)

22日(土)

23日(月)

29日(日)

30日(月)