★ ジャック・ブルース / John Symon Asher Bruce

Creamのベーシスト ジャック・ブルースが1025日に亡くなりましたね。


先週は、ジャック・ブルース追悼のお客様が多数ご来店くださいました。


CreamLIVEは見たことがありませんので、2005年のロンドン・ロイヤル・アルバート・ホールで再結成された時、このまま日本にも来てくれないかな~と思っていたんですが・・・・。


これでCreamLIVEは不可能となりましたね。

僕がCreamを知ったのは、ラジオから流れてきた「ホワイト・ルーム」が最初。

ラジオから頻繁に流れてきたのですから、1968年の大ヒット曲だったんです。

 

当時、高校3年生だったかな・・・、浪人中だったかな・・・・?

 

一人前に受験勉強中でね・・・。

でも、勉強をしている振りして、ラジオばかり聞いていました。

 

ちゃんとCreamを聞いたのは大学に入ってから。

静岡から来たK君がロックに強くってね・・・、彼との付き合いから改めてCreamを聞きなおした記憶があります。

 

ジャック・ブルース=Creamと言うぐらいに、Cream当時の彼しか知らないので若干調べてみました。

1965年にジョン・メイオールのブルース・ブレイカーズに参加。

1966年、マンフレッド・マンに約3ヶ月在籍(これにはビックリ!!)

同年Cream結成。


しかし、Creamというバンドは凄いバンドですよね。

クラプトン、ブルース、ジンジャ・ベーカーの3人だけど、この3人が相当な技巧派。

この3人か繰り広げるロックが後のハード・ロック、プログレ、ヘヴィメタル等の音楽シーンに多大な影響を与えているんです。

しかし、活動期間はほんの2年半ぐらいなのにネ!


CreamVH1誌の 「100 Greatest Artists of Hard Rock 」で16位に、また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第66位となっています。

1993年にロックの殿堂入り。この時に「サンシャイン・ラヴ」、「クロスロード」、「悪い星の下に」の3曲を披露しています。


もうCreamでのジャック・ブルースは見られないのが本当に残念です。

ジャック・ブルース、享年71歳。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

合唱!

●当店所有のCreamのレコード

 

・「Fresh Cream/フレッシュ・クリーム」

 

1966年発表。UKアルバムチャート6位、USAビルボード・アルバムチャートで39位を記録。

 

I Feel Free」、「Spoonful」など収録。


・「Disraeli Gears/カラフル・クリーム」

 

1967年発表。シングル「サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ」がアメリカでヒット。

その他に「テイル・オブ・ブレイブ・ユーリシス」、「SWLABR」、「ストレンジ・ブルー」など、名曲揃い。

 

サイケデリックなジャケット・デザインも60年代を代表するデザインの一つに数えられています。

・「Wheels of Fire/クリームの素晴らしき世界」

 

1968年発表。スタジオ録音盤とライヴ録音盤をカップリングしたLP2枚組。

 

シングルカットされた「ホワイト・ルーム」が大ヒットし、UASビルボード・アルバムチャートでNo.1に輝いています。


・「Goodbye/グッバイ・クリーム」


1969年発表。

USAビルボード・アルバムチャートでNo.2を獲得しましたが、実質上のクリーム解散記念盤的なアルバムとなってしまいました。


クラプトンはベイカーとブラインド・フェイスを結成したんですが、ブルースは・・・・。


1972年発表のLive Cream Volume 2/ライヴ・クリーム Vol.2


お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年7月のお休み

 

 2日(日)

 3日(月)

 9日(日)

10日(月)

16日(日)

17日(月)

23日(日)

24日(月)

30日(日)

31日(月)