★映画「キャデラック・レコード~音楽でアメリカを変えた人々の物語」

この映画、20098月に公開されたようなので観ている方も多いかと思いますが、小生は先日録画で・・・・。



感激!!

実に面白い映画!

まだ見ていない洋楽好きには、必見の映画だとおもいます。



1950年代から60年代に活動し、のちの音楽シーンに多大な影響を与えたシカゴの伝説的ブルース・レーベル“チェス・レコード”の盛衰を描いたアメリカ音楽史ドラマ。



“チェス・レコード”は、デビュー前のビートルズやローリング・ストーンズたちが憧れていたマディ・ウォーターズやチャック・ベリーが所属していたレコード会社なんですから・・・・。

1947年のシカゴ。



若くて野心家のポーランド系移民 レナード・チェス。

彼は、サウスサイドでバーを経営。



そこで、物静かなギタリスト マディ・ウォーターズと凄いテクで派手好きなハーモニカ奏者 リトル・ウォルターに出会う。



チェスは彼らのブルースサウンドに魅了され、急激に発展しつつあるレコードビジネスに目をつけレコード会社を設立。



発売された彼等のアルバムは、徐々にR&Bチャートを上昇し、ラジオでも繰り返し流され、ヒット曲となっていく。



1955年には、“ダック・ウォーク”でロックンロールの創始者となったチャック・ベリーや、才能豊かな若い女性アーティストのエタ・ジェイムズなどの所属アーティストが続々とアメリカの音楽業界の中心に躍り出ていく。



彼らの音楽はロックンロール誕生の礎となっていくんだけどネ・・・。

キャデラック
キャデラック

チェスは、彼ら所属アーティストを家族同様に扱い、ヒットのご褒美として車を買い与えていました。



その車が“キャデラック”。



この“キャデラック”は歴代のアメリカ大統領や各国の王侯貴族、ベーブ・ルースやジョー・ルイスなどのスポーツ選手等が愛用している高級車の代名詞的存在。

だから、ステータスの象徴としてこの車をご褒美にしていたんだね。



この映画は、50年~60年代にかけてブルースからロックへと変貌していくアメリカ音楽に大きく貢献したレーベル「チェス・レコード」をジックリと描いているんだけど・・・・・・、チョット残念なところもあります。



と言うのは、当時黒人音楽はレイス・ミュージックと呼ばれ差別されていた時代。

それなのに、何故レナード・チェスは人種差別をせずに黒人音楽に目を付けたんだろうか・・・。



レナード・チェスの価値観や背景がもう少しわかると、もっと面白くなっていたかも・・・・ね!!

 



お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年9月のお休み

 

 3日(日)

 4日(月)

10日(日)

11日(月)

17日(日)

18日(月)

23日(土)

21日(月)

24日(日)

25日(月)