★ 冲方 丁(うぶかた とう)「光圀伝」読了

光圀といえば水戸光圀なんだけど、僕が知っている水戸光圀といえば、「大日本史」の編纂と映画・TV時代劇の黄門様ぐらい。

 

特に、「先の副将軍水戸光圀公にあらせられるぞ」の黄門様の方が印象深い。

 

冲方丁の「光圀伝」には、僕の知らない光圀の幼少時代から73才で他界するまでの人生を描いています。

 

藩主となるために父・頼房から想像を絶する「試練」を与えられた幼少期。

“傾奇者(カブキモノ)”を気どり悪友たちとつるんで街に出、生臭坊主を論破し「詩で天下を取る」と調子に乗っていた血気盛んな青年期。

しかし、本物の実力者と出会い、完膚なきまでに打ちのめされる。

その後、“やんちゃ”にも飽き、学問や詩歌の魅力に取り憑かれ、水戸藩主となった光圀が真剣に取り組んだのが「大日本史」編纂という大事業・・・・・・。

最愛の妻を病気で失ってからは、独身を通し73歳の人生に幕を閉じる。

 

何故この世に歴史が必要なのか。

大切な者の命を奪ってまでも突き進まねばならなかった「大日本史」の編纂という大事業に生涯を賭した孤高の虎・水戸光圀の生き様が気持ち良い文体で描かれています。

 

とっても面白い時代小説です。

 

「命をかけても、人生思うようにならないことだらけだ。だからといって絶望することはない」という光圀伝、一読の価値あり。

 

2012年に第三回 山田風太郎賞を受賞しているそうです。

 

因みに、「水戸黄門漫遊記」では、格さん・助さんを引連れ、世直しの諸国行脚をしていますが、実際は藩主時代の江戸と国元の往復や領内巡検をしている程度で、漫遊したという史実はないということです。

 

でもね、講談は面白いんですよ!!

 

講談大好き!

 

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年10月のお休み

 

 1日(日)

 2日(月)

 8日(日)

 9日(月)

15日(日)

16日(月)

22日(土)

23日(月)

29日(日)

30日(月)