★ 昭和がまた一つ・・・「銀座シネパトス」閉館

地下街入口
地下街入口

今朝の朝刊で知ったんですが、「銀座シネパトス」が3月31日をもって閉館したとか・・・。

 

 閉館理由は、耐震性の問題で老朽化に伴う地下街の取り壊しだそうです。

そうだね、大きな地震が来たら確実に潰れる感じがしていましたからね。

 

この映画館には、サラリーマン時代に相当お世話になりましたよ。

毎晩の酒でいつも二日酔い。

 

その二日酔いを治すために寝に行ってたのがこの映画館。

3館あってね、寝に行く割りにはちゃんと映画を選別して入場するもんだから、映画が面白くてね、つい見入ってしまう。

 

いつも空いててね、僕と同じような寝不足気味のサラリーマンがちらほらの映画館。

猥雑な雰囲気の地下飲み屋街
猥雑な雰囲気の地下飲み屋街

今の若い方で「銀座シネパトス」を知っている人は、相当な映画通ぐらいだと思います。

 

「銀座シネパトス」は、銀座三越と三原橋交差点の丁度中間点ぐらいにあり、晴海通りを横切るような地下街にあります。

 

「エッ! こんなところに地下街?」という感じで、上は晴海通り、下が地下鉄日比谷線というサンドイッチ状態の地下街です。

 

地下に下りると、古い小さな飲み屋やアダルトショップ・理容店等が5・6軒あり、とても猥雑な雰囲気で昭和の匂いが色濃く残る不思議な空間。

 

その猥雑な雰囲気の空間に「銀座シネパトス」はあります。

三越側の入り口
三越側の入り口

資料によると、「銀座シネパトス」の前身は“銀座地球座”と“銀座名画座”という二つの劇場で、1968年頃にオープンしたとか・・。

 

当初は、成人映画中心だったそうだけど、1989年に現在の「銀座シネパトス」としてリニューアル・オープン。

僕が行き始めたのは、リニューアル後だけどね・・・。

 

「銀座シネパトス」にかかる映画は、古今東西関係なく、とにかく良い映画や面白い映画ばかり。

日本映画あり、ハリウッドの娯楽作品あり、芸術性の高いアート作品も・・・。

古い映画はもちろん、B級・C級の新作映画も公開してくれる夢の劇場と言ってもいいくらい・・・・。

ネッ、二日酔いでも疲れていても見ちゃうでしょ!

 

残念だな~。

でも、先の大地震を知った今、老朽化で閉館してしまうのはしょうがないね。

 

「銀座シネパトス」、お世話になりましたね。

ありがとう!

 

それにしても、早稲田松竹、池袋の文芸坐、飯田橋の佳作座などはどうなっているんだろうか・・・。

 

無くなってしまったかな?

 

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年6月のお休み

 

 4日(日)

 5日(月)

11日(日)

12日(月)

18日(日)

19日(月)

25日(日)

26日(月)