★ 終戦記念日~大田区六郷土手花火大会

本日815日は、終戦記念日ですね。

皆様は、どのように過ごされましたか?

小生は斎戒沐浴?!

 

普段なかなか墓参りに行けないので午前中に鎌倉材木座霊園にお参り。

帰途スーパーに寄り、“うなぎ”を購入。遅ればせながらの土用の丑。

どこが、斎戒沐浴なんだろう~~ネ!

夜は、毎年815日に開催される大田区六郷土手の花火大会を愉しみました。

 

昨年は、先の大震災で中止となっていましたので、2年ぶりの花火大会。

 

自宅のすぐ前に花火が上がるので迫力満点なんですが・・・・・・。

 

携帯のカメラではやっぱり上手く撮れませんね~!。

 

雰囲気だけでも感じてね!

 

ネッ、綺麗でしょ!!

川面に映った花火が、とても綺麗でしたよ!

 

下の写真は、最後を飾った大迫力の花火!

 

で、終戦記念日特番かな、TVで「私は貝になりたい」をやってますね。

 

このドラマの初演 フランキー堺版は、昭和33年、小生10歳の時。

何故か父親と二人だけで観ていたんですね。

 

当時10歳だから内容は理解できていなかったと思うけど、最後にフランキー境が「誰にも邪魔をされない深海の貝になりたい・・」と言いながら、絞首台に向かっていく姿・・・・・・。

 

今でも鮮明に脳裏に焼き付いています。 

その後、学生時代に加藤哲太郎著「私は貝になりたい」を読んだ時は、考えさせられましたね。

 

それからというもの手当たり次第、戦争に関する本を読み漁りました。

野坂昭如「アメリカひじき/火垂るの墓」

五味川純平「人間の条件」

山田風太郎「戦中派不戦日記」

高見順「敗戦日記」

徳川夢声「夢声戦争日記」

伊藤整「太平洋戦争日記」

ヴィクトール・フランクル「夜と霧」・・・・等など。

 

※みんな面白い本なので、何を読んでいいか迷った時には参考にしてくださいね。

 

現在読んでいる船戸与一の「満州国演義』」も非常に面白いですよ。

4人の兄弟がそれぞれの立場・視点で満州国と日中戦争を見ていく物語。

 

張作霖爆殺事件のあった1928年の第1巻から始まり、1937年の南京大虐殺の第5巻までが刊行されているんですが、まだまだ続く感じでいつ終了するのか分からない物語なんです。

 

これも・・・・、最後まで読んでしまうんだろうな~・・・・?!

 

17日(金)から通常営業となりますので、宜しくお願いしますね!

 

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年7月のお休み

 

 2日(日)

 3日(月)

 9日(日)

10日(月)

16日(日)

17日(月)

23日(日)

24日(月)

30日(日)

31日(月)