★ 60年代Pops~⑤/1960年前後

生まれて初めて” 東京”に行ったのが1960年、小学6年生・・・かな?

この時の衝撃は、生涯忘れないだろうね!

 

まだ、横浜市では伊勢佐木町が文化の中心で、横浜駅だって高島屋と相鉄ビルぐらいしかなく、ススキ野原が見えていたくらいの時代。

 

有楽町駅で驚き、銀座で驚き、歌舞伎座で驚き・・・、上映館の東劇に、さらにその時観た映画に・・・・、もう驚きの連続!!

 

当時の「東劇」は、当然ビルではなく、写真のような洋館。

正面入口から真直ぐに赤ジュータンが敷きつめられており、思わず靴を脱いじゃいそうなほど・・・、もう日本ではなかったですよ。

その時に見たのが、今でも大好きな映画の一つ「アラモ」。

 

テキサス独立戦争中、サンタ・アナ将軍率いる数千人のメキシコ軍と200名足らずのテキサスの民衆とが繰り広げた13日間の戦闘で有名な「アラモの戦い」。

 

登場人物は、当時の少年たち憧れの♪わずか三つで熊退治♪のデヴィー・クロケットやナイフの名人ジェイムズ・ボーイ‥等

 

画面も当時信じられないほどデカイ70㎜大画面・大迫力!!

 

主題歌がブラザース・フォー「遥かなるアラモ」で、エンディングの曲は前年(1959年)封切の「リオ・ブラボー」の主題曲「皆殺しのテーマ」。

いまでもこの「皆殺しのテーマ」を聴くと涙が出てきます。

 

このアラモ以来、血涌き肉躍るハリウッド映画が大好きになってしまい・・・・、現在に至ります、ハイ!

 

60年代は、映画主題歌のヒット曲が結構あるので、この流れの中で一度ご紹介するつもりでいます。

 

乞うご期待!

●ブラザース・フォー/ THE BROTHERS FOUR

 

ワシントン大学の学生4人が1958年に結成したフォーク・グループ。

 

翌年1959年コロムビア・レコードからのデビュー・シングル「グリーンフィールズ」が大ヒット。

その後も「遙かなるアラモ」、「7つの水仙」等が連続ヒットし、アメリカンフォークの代名詞として世界的なトップグループに。

 

キングストン・トリオやPP&Mとともに、アメリカンフォーク・ブームを確立。

この流れは、その後のジョーン・バエズやボブ・ディラン等へ続くムーブメントを導いた。

 

日本へは1962年の初来日以来ほぼ毎年ツアーを行い、日本のキャンパス・フォークからカレッジ・ポップスの創生に大きな影響をあたえました。

 

若い方にも是非一度は聞いて欲しいグループですよ!!

 

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年12月のお休み

 

 3日(日)

 4日(月)

10日(日)

11日(月)

17日(日)

28日(月)

23日(土)

24日(日)

25日(月)

30日(土)

31日(日)

 

2018年1月のお休み

 

   1日(月)~8日(月)

14日(日)

15日(月)

21日(日)

22日(月)

28日(日)

29日(月)