★ 60年代Pops ~ その②

金沢文庫時代、我家には戦火を免れた父のクラシック・レコードが結構ありました。

 

このレコードは、78回転。

結構分厚く重いので、一度円盤投げのように飛ばしたことがあります。

ビックリするほど飛ぶんですが、このレコードはとにかく割れやすい。

 

この時代、レコードはとても貴重なものでしたが、当時の僕(小学生)には価値を知りませんので、友人と公民館横の公演で飛ばしっこ・・・。

  

後日、父親に烈火のごとく叱られた記憶があります。

 

残りのレコードもいつの間にか紛失してしまいましたが、今あのレコードを持っていたらかなり貴重だったろうね・・・・・・残念!

記憶にある最初のポピュラー音楽では、やはり父が持ってきたハリー・ベラフォンテのLP

 

若い方でも、ベラフォンテの名前は聞いたことはありますよね・・・!?

 

そう! 1985年に世界的な大ヒットとなった「USAフォー・アフリカ」の「We Are The World」の提唱者なんだから!!

 

で、ハリー・ベラフォンテの「バナナ・ボート」が世界的な大ヒットし、アルバム自体も当時としては珍しいミリオンセラーを記録したとか。

 

この歌はトリニダードの労働者がバナナを船に積み込むときに歌う労働歌なんだけど、日本でも浜村美智子のカバーバージョンが大ヒットしました。

 

歌い出しの「♪デーオ、イデデ、イデデ、イデデ…♪」という掛け声が特徴的で、遊んで転んだ時に「♪痛てーよ、痛てて、痛てて、痛てて~~よ♪」などと叫んでいたな~・・・。

 

ハリー・ベラフォンテは、その後も「マティルダ」や「ダニー・ボーイ」など、世界的なヒット曲を連発。

 

この時代の私の年齢といえば、・・・小学生34年生だったようで・・・・・、ハイ!

 

また当時、人気だったのがカントリー・ウエスタン。

 

特に好きだったのが、「ライダーズ・イン・ザ・スカイ」という曲。

正式には「ゴースト・ライダーズ・イン・ザ・スカイ」と言うらしいのだけ、何故かもの凄く気に入ってしまい、年がら年中デタラメ英語で歌っていました。

 

この曲は、1948年、スタン・ジョーンズという人によって発表されましたが、名曲故いろいろなアーチストがカバーしています。

ビング・クロスビー、ペギー・リー、スパイク・ジョーンズ、ブラザーズ・フォー、フランキー・レイン、エルビス・プレスリー、ジョニー・キャッシュ、ブルース・ブラザーズ・・・・。

何と、あのベンチャーズまでがインストで演奏しています。

 

お店で聴けるのは、ジョニー・キャシュ盤。

その他のカントリー・ウエスタン、西部劇主題歌としてハンク・ウイリアムス、フランキー・レインなどもありますよ!

 

このような音楽とR&B、ジャズ、ブルース、ゴスペル等の黒人音楽との融合によって、ロックン・ロールやロカビリーが生まれ・・・・・・、70年代のハード・ロックなどにつながっていくんだけど、・・・・・まだまだ60年には届きませんね!

 

この続きは・・・・・「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」のモコ・ビーバー・オリーブのように・・・・・・・・今日の続きは、また明日!

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年8月のお休み

 

 6日(日)

 7日(月)

11日(金)

12日(土)

13日(日)

14日(月)

15日(火)

20日(日)

21日(月)

27日(日)

28日(月)