★ 「この一冊」第9回

久々のこの1冊です。

イヤ~、恥ずかしいぐらいに間が空いてしまいましたね。

でも、読書の秋だも・・・・。

 

今回は、半村良の作品です。

半村良は、高校卒業後、紙問屋の店員を皮切りに、バーテン、クラブの支配人、マージャン屋、板前の見習い、広告会社勤務等々、30近いいろいろな職業を遍歴してから作家になったので、その経験を生かした下町の人情話なんかは最高なんです。

 

今回は、下町の人情話を織り込んだ善良な超能力者の悲劇を描く大作で、第9回日本SF大賞を受賞作した「岬一郎の抵抗」をご紹介しますね。

 

ところで、半村良作品との出会いは、学生時代に「およね平吉時穴道行」を読んでから。

これで半村良にはまり、「石の血脈」、「産霊山秘録」(昭和48年に第1回泉鏡花賞受賞)、「雨やどり」(昭和49年に直木賞受賞)、「岬一郎の抵抗」(87年に日本SF大賞受賞)、「かかし長屋」(93年に柴田錬三郎賞受賞)、その他「戦国自衛隊」(映画は××でしたが・・・!)、「太陽の世界」、大長編「妖星伝(大長編で最後はバテバテの作品?)」等を次から次に読み漁りました。

 

前述のように「岬一郎の抵抗」は、超能力を持っていることに気づいた下町に住む平凡なサラリーマンの数奇な人生を描いた作品です。

 

ところで、もし自分が超能力を持っていることに気づいた時、貴方はどうします?

その超能力を正義に使うか、悪用するか・・・・どっちだろうか。

 

本来、人間は欲望の塊であり、そのためなかなか聖人君子にはなれないと思うのですが、貴方ならどうします??

 

自分の超能力に気づいた下町に住む平凡なサラリーマンの数奇な人生を描いた作品、半村良の「岬一郎の抵抗」は、本当に面白い本です。

 

当時は上下2巻の単行本でチョット長いかもしれませんが、長編を忘れてしまうくらいに引き込まれる作品ですよ!

 

詳細は、「この一冊」をご参照くださいね。

 

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年8月のお休み

 

 6日(日)

 7日(月)

11日(金)

12日(土)

13日(日)

14日(月)

15日(火)

20日(日)

21日(月)

27日(日)

28日(月)