★ スティーブ・ウインウッド

12月にクラプトンとスティーブ・ウインウッドが来日しますね。

 

これにジンジャ・ベイカーが参加すればブラインド・フェイスになり最高なんだけどね。

 

で、本日は天才スティーブ・ウインウッドをご紹介しますね。

彼は、若干15歳の時に兄マフが一員となっていたスペンサー・ディビス・グループに参加。

 

1964年発表のシングル第2弾「キープ・オン・ランニング」がUKチャート1位となり、15歳で彼は一躍スターに・・・。

 

同グループで「サムバディ・ヘルプ・ミー」、「ギミ・サム・ラヴィン」、「アイム・ア・マン」等をたて続けにヒットを飛ばしたが1967年にグループを脱退。

その後、クリス・ウッド、ジム・キャパルディ、ディヴ・メイソン等とトラフィックを結成。

 

「ミスター・ファンタジー」「トラフィック」等3枚のアルバムを発表。(写真はBest盤)

一時トラフィックの活動を休止し1969年にエリック・クラプトン、ジンジャ・ベイカーらとブラインド・フェイスを結成し、アルバム「スーパー・ジャイアンツ(写真)」を発表。

 

このアルバムは、UK、USA両国でNo.1になりながらも半年足らずで解散し、彼はトラフィックに戻る。

 

トラフィックでも成功したにもかかわらず、1970年代後半以降は、ソロ・アーティストとして活動。

1986年には名盤「バック・イン・ザ・ハイ・ライフ(写真)」を発表。

 

このアルバムからシングル・カットされた「ハイヤー・ラヴ」は全米No.1ヒットとなり、アルバムも全米3位を記録しグラミー賞3部門を受賞。

 

「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」に於いて第33位になっています。

 

若くして天才と言われた人は、成人してから「ただの人」に普通はなるんだけどな~。

 

いるんだね~、天才って!!

 

ウラヤマシ~!!です。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    後輩k (土曜日, 23 7月 2011 23:32)

    「彼は、…」友達だったんでね…。

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年8月のお休み

 

 6日(日)

 7日(月)

11日(金)

12日(土)

13日(日)

14日(月)

15日(火)

20日(日)

21日(月)

27日(日)

28日(月)