★ Jackson Browne

 よくお顔を見せてくださるSさんより、Jackson Browneのレコードをいただきました。

 

Jackson Browneは、独国生まれの米国LA育ちのミュージシャン。

 

1960年代後半から、リンダ・ロンシュタットやバーズ、イーグルスやニッティ・グリティ・ダート・バンドなどに楽曲を提供しています。

 

最も身近な曲としては、テレビ東京「田舎に泊まろう」のテーマ曲となっている「Take It Easy」。

この曲はイーグルスの大ヒット曲だけど、ジャクソン・ブラウンとグレン・フライの共作。

 

一時期ニッティー・グリティー・ダートバンドのメンバーでもあったらしいが、ジャクソン・ブラウンはソロとして1972年にアルバム「ジャクソン・ブラウン・1st」を発表。

 

同アルバムからシングルカットされた「ドクター・マイ・アイズ」が全米シングル・チャート第8位を記録。

その後、1976年「プリテンダー」が5位、1978年「孤独なランナー」が3位を記録し、1980年の「ホールド・アウト」で初の全米チャート1位を獲得。

 

作詞家としての評価も高く、ローリングストーン誌から「1970年代で最も完成された作詞家」と評価されています。

 

 ジャクソン・ウラウンは、自作の曲を自分で歌うという“シンガー・ソング・ライター”のスタイルを確立した一人として知られるようになり1970年代の彼の作品では、日々の生活の中で感じる苦悩や葛藤、心の痛みなどを歌い、同世代の人々から高い支持を得ました。

 

日本でも浜田省吾や佐野元春、尾崎豊らが多大な影響を受けたか・・・。

 

いただいたジャクソン・ブラウンの中から本日ご紹介するのは2枚。

 

まず、1973年発表の2ndセカンドアルバム「FOR EVERYMAN/フォー・エヴリマン(写真)」。

 

曲作りやレコーディングにイーグルスのドン・ヘンリーやJ.D.サウザー、またジョニー・ミッチェルやエルトン・ジョンも変名で参加したのは有名な話。

 

A面の1曲目に針を落とすと流れて来るのはあの「「Take It Easy」。

B面も素晴らしく、最高のアルバムとなっていますよ!

 

ご紹介の2枚目は、1976年発表の4thアルバム「プリテンダー(The Pretender/写真)」。

 

同アルバムは、愛妻フィリスの自殺を乗り越え完成させた一作。

 

デヴィッド・リンドレーやリトル・フィートのメンバーであるローウェル・ジョージとビル・ペイン等、素晴らしいバックミュージシャンを総動員してサウンド面を強化。

 

その結果、同アルバムでは全米で5位を記録しました。。

 

 

でも彼が脚光を浴びたのは70年代まで。

 

80年代は政治色が強くなり、徐々にファンが離れていってしまったようです。

 

酒の席でも同じだよね・・・・。

 

政治や宗教の話は、絶対タブー。

 

ほとんどが喧嘩になる。

 

好きなお酒を飲んで好きな曲を聴いて、気持ち良く帰ろうね!!

 

ジャクソン・ブラウンが大好きなSさん、レコードありがとうございました。

 

心から感謝です!!

 

 

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年10月のお休み

 

 1日(日)

 2日(月)

 8日(日)

 9日(月)

15日(日)

16日(月)

22日(土)

23日(月)

29日(日)

30日(月)