UK 「1st/邦題:憂国の四士」

 

UKは、John Wettonとビル・ブラッフォードがRoxy Musicのエディ・ジョブソン(kbd,vln)TempestSoft MachineGong等のアラン・ホールズワース(g)を迎え入れて結成されたプログレ・バンド。

 

メンバー。

 

ジョン・ウェットン(John Wetton) - vocal/bass guitar/moog pedal bass

 

ビル・ブラッフォード(Bill Bruford) - drums/percussion

 

エディ・ジョブソン(Eddie Jobson) - organ/CP-80/CS-80/minimoog/electric violin/backing vocal

 

アラン・ホールズワース(Allan Holdsworth) - guitar/backing vocal

 

同アルバムは、1978年発表の1st。

 

プログレ衰退期の1978年に発表されましたが、ビル・ブラッフォードとアラン・ホールスワースのジャズロックとウェットンとジョブソンのプログレ魂がみごとに融合。

 

静と動が織り成す見事な曲構成で、プログレファン必聴の一枚だと思います。

 

しかし、音楽性の不一致によりホールズワースとビル・ブラッフォードが脱退。

 

UK 「Danger Money

 

ジョブソン、ウェットンは、後任のドラマーとして、ジョブソンの知り合いでFrank ZappaThe Mothers of Inventionで活動していたテリー・ボジオを誘い、キーボード・トリオ編成でバンドを再スタート。

 

メンバー。

 

ジョン・ウェットン(John Wetton) - vocal/bass guitar/moog pedal bass/guitar

 

エディ・ジョブソン(Eddie Jobson) - organ/minimoog/pianos/electric violin

 

テリー・ボジオ(Terry Bozzio) - drums/percussion/backing vocal

 

キーボード・トリオでヘビーなサウンドや変拍子といったプログレ的要素を織り込みながらロック色を強めたアルバム。

 

前作に勝るとも劣らない超絶のテクニックが炸裂するアルバムです。

 

このUKは、何度かCLUB CITTA'LIVEをやっているんですね。

 

観たかったな~・・・・。

 

 

●LIVE

 

元キング・クリムゾンのジョン・ウェットン(vo.b)とビル・ブラッフォード(ds)が中心となって、1978年に結成されたプログレ・バンドがUK

 

そのUKが、1979年に実施した「Danger MoneyTour」のライブ盤です。

 

来日メンバーは、John WettonVocals,Bassguitar)、

 

Eddie JobsonOrgans,Synthesizer,Violin)、

 

Terry BozzioDrums, Percussion

 

Danger Money」は、当店でもリクエストがとても多いですよ。

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年10月のお休み

 

 1日(日)

 2日(月)

 8日(日)

 9日(月)

15日(日)

16日(月)

22日(土)

23日(月)

29日(日)

30日(月)