日本でも大人気のTOTO

 

当店でもリクエストの多い「TOTO」のベーシスト マイク・ポーカロが315日にお亡くなりになりました。

 

享年、59歳。

8年におよぶ闘病生活の末だそうです。

 

合掌!!

 

TOTO」は、ご存知のようにロサンゼルスでスタジオミュージシャンをしていたデヴィッド・ペイチとジェフ・ポーカロ が中心に腕利きのスタジオミュージシャンが集まって1977年に結成されスーパー・バンド。

 

12枚のオリジナルアルバムの他にBEST盤やLIVE盤を発表しています。

 

マイクは1982年に2代目ベーシストとして「TOTO」に正式加入。

 

グラミー賞の最優秀アルバム賞を受賞した「TOTO Ⅳ/邦題・聖なる剣」の世界ツアーに参加して以来、兄ジェフ(1992年に死亡)、弟スティーヴと合わせ、ポーカロ3兄弟として活躍。

 

TOTO」として一時代を築き上げてきました。

 

しかし、2007年に全身の運動神経が衰える難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患い、07~08年ごろにバンドの活動から身を引いていたそうです。

 

TOTO」は、20083月のボズ・スキャッグスとの来日公演を最後に解散しましたが、ALSを患ったマイク・ポーカロの救済を目的としたLIVEツアーを実施したそうです。

 

しかし、救済LIVE活動の甲斐なく、残念ながらお亡くなりになってしまいました。

 

マイク・ポーカロさん、8年間の闘病生活お疲れ様でした。

ゆっくりお休みください。

 

故マイク・ポーカロを偲びつつ、当店所有の「TOTO」のアルバムをご紹介します。

● 「TOTO/邦題:宇宙の騎士」

 

1978年発表の1stアルバム。

 

当店でもリクエストの多い「ホールド・ザ・ライン」、「愛する君に」、「ジョージ・ポージー」、「ロックメイカー」、「ふりだしの恋」(B)、「ユー・アー・ザ・フラワー」(B)、「子供の凱歌」(B)がシングルカットされました。

 

中でも「ホールド・ザ・ライン」は、USAビルボード・シングル・チャートで5位を記録。

 

アルバム自体も9位を記録。」

 

「子供の凱歌」は、SUZUKI ワゴンRCMに使用されましたね!!

● 「HYDRA/邦題:ハイドラ」

 

1979年に発表された2ndアルバム。

 

リクエストの多い「99」、「St.ジョージ&ザ・ドラゴン」、「ハイドラ」、「ホワイト・シスター」(B)がシングルカットされました。

 

アルバム自体は、USAビルボード・アルバムチャートで37位を記録しています。

 

● 「TURN BACK/邦題:ターン・バック」

 

1981年発表の3rdアルバム。

 

スティーヴ・ルカサーが新たなギター・ヒーローとして注目を集めたアルバム。

 

収録曲のうち「グッドバイ・エリノア」、「ラスト・ナイト」、「ターン・バック」 (B)がシングルカット。

 

アルバムは、USAビルボード・アルバムチャートで 41位を記録しています。

 

聴きどころ満載のアルバム。

 

● 「TOTO IV/邦題:TOTO IV〜聖なる剣」

 

このアルバムは、1982年に発表された4枚目のアルバムでTOTOにとって最大のヒットアルバムになりました。

 

シングルカットされた「アフリカ」がUSAビルボード・シングル・チャートで1位に、「ロザーナ」が同2位に、「ホールド・ユー・バック」が同10位を記録する大ヒットに!!

 

アルバムもUSAアルバム・チャートで4位を記録し、この年のグラミー賞で、レコード・オブ・ザ・イヤーやアルバム・オブ・ザ・イヤーといった主要部門も含む6部門を受賞するという驚異的なアルバムとなりました。

 

この作品の発表直後にデヴィッド・ハンゲイトが脱退し、その後任として故マイク・ポーカロが加入。

 

本作のプロモーション・ヴィデオではマイクが出演しています。

 

● 「ISOLATION/邦題:アイソレーション」

 

  記念すべき故マイク・ポーカロが新メンバーとして参加した1984年発表の5枚目アルバム。

 

収録曲からシングルカットされた「カルメン」、「ストレンジャー・イン・タウン」がヒット。

 

アルバムは42位を記録。

 

● 「FAHRENHEIT/邦題:ファーレンハイト」

 

1986年発表の6枚目アルバム。

 

このアルバムのゲストが凄いんですよ。

 

コーラスにイーグルスのドン・ヘンリーやドゥービーのマイケル・マクドナルドが参加。

 

さらにトランペットでマイルス・デイヴィスが、サックスでデイヴィッド・サンボーンが参加しています。

 

シングルカットされた「アイル・ビー・オーヴァー・ユー」がUSA11位を記録したのを始め、「ウィズアウト・ユア・ラヴ」などのロマンティックなバラードが次々とACチャートを上昇。

 

アルバム・チャートでは、USA40位に、日本のオリコンLPチャートでは3位を記録する大ヒットアルバム。

 

TOTO中期の名盤として高い人気を誇っています。

 

●「TOTO XIV/邦題:TOTO XIV〜聖剣の絆」

 

ナント、ナント・・・・、今年20153月にTOTO14枚目のスタジオアルバムを発売。

 

それもアナログ・レコードで・・・・・、思わず・・・購入!!

 

2006年発表の「Falling In Between」以来、約9年ぶりとなるオリジナル・スタジオ・アルバムです。

 

メンバーは、と言うと・・・・・・・

 

ギターは当然、スティーヴ・ルカサー。

1989年の脱退からの復帰したジョセフ・ウィリアムス。

全作品にサポートとして参加してはいたが正式メンバーとしては「ファーレンハイト」以来約30年振りに復帰したスティーヴ・ポーカロ。

 

TOTO IV 〜聖なる剣〜」を最後に脱退したオリジナル・ベーシストのデヴィッド・ハンゲイト。

楽曲によってスティーヴ・ルカサーも演奏している。

ドラムは、ティーリー・ダンなどでプレイしているキース・カーロック。

 

TOTOが結成されたのが1979年。

もう、36年も経っているんですね~・・・・・。

 

でも、上記のメンバーで作った今回のアルバムの音は、全く古臭さを感じませんし、色褪せてもいません。

心に染みるメロディーと重厚なコーラスワーク・・・・・。

 

もう、何百回と聞いて体に沁み込んだTOTOサウンドは、もう・・・・本当に不変ですね。

如何にもTOTOらしいサウンド、2015年のTOTOサウンドを是非、ご一聴を!!

 

で、前のブログでもお知らせしたようにマイク・ポーカロの死去は、このアルバム発表の3日前だったんです。

 

改めて、心からご冥福をお祈りします

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年6月のお休み

 

 4日(日)

 5日(月)

11日(日)

12日(月)

18日(日)

19日(月)

25日(日)

26日(月)