Spencer Davis Group(スペンサー・ディヴィス・グループ)

 

イギリスのロック・バンド スペンサー・ディヴィス・グループ(以下SDG)の正式な活動期間は、1965年から1967年の約2年間。

 

2枚目のシングル「キープ・オン・ランニング」は、1966年1月14日号のニュー・ミュージックエクスプレス誌でビートルズの「デイ・トゥリッパー」に変わり1位になり、同じくビートルズの「ミッシェル」が1位になるまで3週間1位に君臨し、ミリオンセラーに。

 

続いて3枚目のシングル「サムバディ・ヘルプ・ミー」もNME誌トップ30で第1位に。

 

その他「ギミ・サム・ラヴィン」、「アイム・ア・マン」を全米TOP10ヒットに送り込んだ凄いバンドなんです。

 

と、淡々に書いてきたけど、このバンドの凄さは、こんなもんじゃない。

 

このバンドから天才を輩出したんです。

 

そうなんです。

バンド名にもなっているスペンサー・デイヴィス!

じゃなくってスティーヴ・ウィンウッド。

 

SDGにあのスティーヴ・ウィンウッドがいたんです。

この時、彼は若干16歳。

そのヴォーカル、キーボード、ギター、ハープとすべてにおいて天才振りを発揮。

ソウルフルな歌声で天才の名をほしいままにしていました。

 

どのくらい凄いかというと・・・・

ビートルズのリンゴ・スターは「アメリカの黒人グループと勘違い」。

ツェッペリン以前のグループに在籍していたロバート・プラントは、「本当のホワイト・ブルース・シンガー」と賞賛。

ヤードバーズのエリック・クラプトンは「リード・ヴォーカルに熱望した」というから凄い!!

 

こんな天才が一つのグループにいられるわけが無い。

 

彼は1967年にグループを脱退し、あのトラフィックをディヴ・メイソン等とともにを結成します。

 

その後の活躍は皆さんがご存知のとおりです。

 

可哀相なのはSDGです。1967年にスティーヴとマフのをウィンウッド兄弟が脱退すると、バンドの活動は行き詰まってしまい、実質上解散。

 

写真は、スティーヴ・ウィンウッドが16歳の時に参加したブリティッシュR&B界を代表するSDGのベスト盤です。

 

メンバーはスペンサー・デイヴィス(G&Vo)、スティーヴィー・ウィンウッド(Vo,Key,G)、マフ・ウィンウッド(B)、ピート・ヨーク(Dr)

 

ブルースの影響を受けた黒いグルーヴィ感は、当時、多くのバンドの手本となったそうです。

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年5月のお休み

 

 1日(月

 3日(水)

 4日(木)

 5日(金)

 7日(日)

 8日(月)

14日(日)

15日(月)

21日(日)

22日(月)

28日(日)

29日(月)