サム・クックがゴスペルの世界からメジャーになったのは、1960年前後だったと思います。

 

その頃の僕はまだ中学1年ぐらい。

 

小学5年生ぐらいから僕は、もう洋楽漬け!

 

兄が帰省の際に持ってきたカントリー、ハワイアンやプレスリー、ポール・アンカ、ニール・セダカ、パット・ブーン・・・・。

 

ラジオからビーチ・ボーイズ、フォー・シーズンズやビートルズ、ローリング・ストーンズを始めとするリバプール・サウンドを深夜まで・・

 

これじゃ、勉強できなかったのは当然ですよね!

 

こんな調子でモータウン以外は白人のロックばかり追いかけえいたので、サム・クック等は聴く暇が無かった?!

 

で、初めて彼を聞いたのが20歳を過ぎてから・・・。

 

もっと早く聴いとけばよかった・・・後悔先に立たず!!

 

さて、サム・クックですが、ゴスペルの世界からソロに転向し1957年に「You Send Me」を発表。

 

この曲、いきなりR&BPopの両チャートの全米No.1に輝いてしまう。

 

その後、「Only Sixteen(59年)」や「Wonderful World(60年)」、「Teenage Sonata(60年)」などのヒットを飛ばします。

 

61年に発表した「Cupid」は、R&BチャートでNo.1に輝きました。

 

61年っていうと、前述の通り僕は中学1年ですよ。リアルタイムで聴けるわけが無いよね。

 

1962年に発表されポップス部門13位、R&B部門2位を記録した『Bring It On Home To Me』は、アニマルズやジョン・レノンもカバーしヒットしましたよね。

 

で、彼は1964年12月11日、ロスアンジェルスの宿泊先でモーテルの女性オーナーに射殺されるという悲劇的な最後を遂げてしまう。

 

享年33歳。

 

ブルースやゴスペルが中心だった黒人音楽に新風を吹き込みソウル・R&B にまで高めたサム・クックの功績は大きいよね。

 

でも、でも・・・天才は早死にしちゃうね!

 

僕は、長生きかも・・・?

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年11月のお休み

 

 3日(金)

 5日(日)

 6日(月)

12日(日)

13日(月)

19日(日)

20日(月)

23日(木)

26日(日)

37日(月)