★ Lesley Gore(レスリー・ゴーア)死去!

 

ア~アッ・・・・、また一つ青春が・・・消えてしまいました。

 

コニー・フランシスやヘレン・シャピロ等と一緒に60年代のビルボードを賑わした代表的な女性シンガー レスリー・ゴーア。

 

日本でも人気があったレスリー・ゴーアが、216日肺がんのためニューヨーク・マンハッタンの病院で亡くなったそうです。

 

享年68歳。

 

68歳か~、僕と2歳しか違わなかったんですね・・・。

 

レスリー・ゴーアは、1963年に「涙のバースディ・パーティ/原題:It's My Party」でデビュー。

 

ラジオから流れてきた彼女の声は、ずいぶん大人びていたので、中学生の僕にはもっと年上の女性だと思っていましたが・・・。

 

 

●当店所有のBest盤

 

 

で、「涙のバースディ・パーティ/原題:It's My Party」は、USAビルボード・シングルチャートで1位になり、デビュー・アルバム「I’ll Cry If I Want To」もUSAビルボード・アルバムチャートで24位と大ヒット!

 

ところで、このデビュー・シングルのプロデュースを担当したのは、誰だかわかりますか?

 

何と若き日のクインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)だったんですよ!

 

彼にとっても、初の全米1位となった記念すべきプロデュース作品になったわけですね。

 

その後も「Judy's Turn to Cry」が5位に、「恋を夢みる17才/原題:That's The Way Boys Are」が1位、「恋と涙の17才/原題:You Don't Own Me」(個人的に一番好きな曲)は第2位になる等、次から次にヒットを連発。

 

1969年までシングル29枚を発表し19枚がUSAビルボード・シングルチャート・ベスト100にチャートインしています。

 

本当に残念ですが、60年代を代表する女性シンガー、レスリー・ゴーア(Lesley Gore)に合掌!

 

余談①:日本では薗まり、中尾ミエなどが日本語でカバーしていました。

 

余談②:ビルボード1位に輝いていた「涙のバースデイ・パーティ」を蹴落としたのは・・・・・、ナッ、ナント・・・川崎出身の坂本九の「スキヤキ」だったんですって!!

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年12月のお休み

 

 3日(日)

 4日(月)

10日(日)

11日(月)

17日(日)

28日(月)

23日(土)

24日(日)

25日(月)

30日(土)

31日(日)

 

2018年1月のお休み

 

   1日(月)~8日(月)

14日(日)

15日(月)

21日(日)

22日(月)

28日(日)

29日(月)