Leon Russellが、20161113日ナッシュビルの自宅にて亡くなりました。

 

享年74歳。

合掌!

 

10代の頃からキーボーディストとして音楽活動。

 

14歳の若さでロニー・ホーキンズのバック等、多くのプロミュージシャンのプロジェクトに参加。

 

先日ご紹介しましたレッキング・クルーのメンバーとしてジェリー・リー・ルイスの「This Diamond Ring」、フィル・スペクターのプロデュース作品「Wall Of Sound」のレコーディングに参加しています。

 

また、意外や意外・・・、Venturesの「十番街の殺人」にサックスで、またVenturesがカバーした「朝日のあたる家」にオルガンで参加しています。

 

1971年、ジョージ・ハリスンの呼びかけに応じてバングラデシュ・コンサートに出演。

 

ピアノ、ボーカル、ベースを担当し、エリック・クラプトン、リンゴ・スター、ボブ・ディランらと共演。

 

この時、レオン・ラッセルが披露したゴスペル風バージョン「Jumpin' Jack Flash」からコースターのヒット曲「Yong Blood」、そして「Jumpin' Jack Flash」に戻るエネルギー溢れるバージョンは最高の評価を受けました。(LIVE盤で聴けますよ!)

ジョー・コッカーとのツアーも有名。

 

その後、ソロになり数々の名曲を世に出します。

 

1970年代に米・南部ロックの泥臭さを前面に押し出した音楽性で後世のミュージシャンに多大な影響を及ぼした功績は大きい。

 

クラプトンも影響を受けたし、エルトン・ジョンは、自分のアイドルとしてレオン・ラッセルの名前を挙げていました。

 

しかし、日本では彼のあくの強い歌い方・声はあまり受け入れられなかったようで、彼の作品のカバー曲の方が売れてしまいましたね。

 

2011年に、ロックの殿堂のサイドマン部門に選出。

 

授賞式では、かねてから親交があるエルトン・ジョンがプレゼンターを務め、ジョン・メイヤーとのセッションも披露しています。

 

本当にお疲れ様でした。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

カーペンターズ
カーペンターズ

Leon Russellの作品をカヴァーした名曲の数々。

 

・「A Song For You

後悔、自責の念、不滅の愛を歌ったとても美しい曲。

 

これまでに、多数の日本人アーティストをはじめ、100人以上のアーティストにレコーディングしているそうです。

 

特に有名なのは、レイ・チャールズ、シェール、ドニー・ハサウェイ、ホイットニー・ヒューストン、シンプリー・レッド、カーペンターズ、シャーリー・ホーン、タック&パティ、カーメン・マクレー、マイケル・バブルによるカバー・バージョン。

 

日本ではアン・ルイスや鈴木雅之、綾戸智恵、森山良子、小林明子、大黒摩季ら多数。

 

・「This Masquerade

1976年、ジャズ・ギタリストでボーカリストのジョージ・ベンソンが、代表作となったアルバム『ブリージン (Breezin')』に収録。

 

ジョージ・ベンソン版は、USABillboard Hot 100」で10位、Hot Soul Singles3位を記録。

「キャッシュボックス」誌のトップ100では、12位を記録。

カナダでは、RPMのポップ・シングル・チャートとアダルト・コンテンポラリー・チャートで8位を記録。

 

ジョージ・ベンソンは、1977年の第19回グラミー賞で最優秀レコード賞を受賞。

当店のリクエストでは、Carpentersが圧倒的。

 

・ 「Superstar

デラニー&ボニーが1969年に発表した楽曲。

 

オリジナル・ヴァージョンの正式タイトルは"Groupie (Superstar)"だが、1970年に"Superstar"と改名。

 

1971年にはCarpentersカーペンターズによるカバーが世界的にヒットし、USABillboard Hot 100」で2位を記録。

 

その他、ベット・ミドラー、アレサ・フランクリン、シェール、ヘレン・レディ、シャーリー・バッシー、ソニック・ユース多くのアーティストに歌い継がれています。

 

当店所有のアナログレコード紹介

●「Carney

 

1972年発表。

 

ソロとして3作目で、レオン・ラッセルの最大のヒット・アルバム。

 

独特のしわがれ声でピアノを弾きながら、どさ回りのサーカス一座の哀歓を歌っています。

 

名曲「Tight Rope」、「This Masquerade」を収録。

 

Tight Rope」は、USAシングル・チャート「Billboard Hot 100」で最高11位、『キャッシュボックス』誌の「Top 100」で最高10位を記録。

 

カナダでは、チャートの5位を記録。

 

麻薬に溺れて死んでしまった元ガールフレンドの葬式に行く様を描いた、胸が張り裂けるようなバラード「ミー・アンド・ベイビー・ジェイン」も個人的に好き。

 

この曲は、ホセ・フェリシアーノ、ニーナ・シモンらがカバーしています。

●「Leon Live

 

1973年発表。

 

Jumpin' Jack Flash」~「Yong Blood」~「Jumpin' Jack Flash」は、もう最高!!

 

圧巻です!

 

1971年のバングラデシュ・コンサートが頭に浮かんできます。

 

●「Will O' the Wisp  Import/邦題:鬼火」

 

1975年発表のソロ第6作。

 

代表曲の「ブルーバード」「レディ・ブルー」も収録されてますしね。

 

このアルバムからは、ヘレン・レディによる "Bluebird" のカヴァー・ヒットが生まれている。

●「Best Of Leon Russell - A Song For You

 

A Song For You」、「This Masquerade」、「Superstar」を始め、名曲揃いのBestアルバム。

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年6月のお休み

 

 4日(日)

 5日(月)

11日(日)

12日(月)

18日(日)

19日(月)

25日(日)

26日(月)