Honeycombs

 

日本でのヒット曲は2曲しかないけど・・・、当時、結構好きなバンドの一つでした。

 

Honeycombsは、ロンドン出身のバンド。

 

ドラムとボーカル担当で紅一点のハニー・ラントリーとアメリカの野生牛・バイソンの角をイメージしたBurns のギターが特徴のバンド。

 

現在では、女性のロックは珍しくないけど、当時の日本人感覚からすると、女性がドラムを叩いているなんて・・・・、本当にビックリしたもんです。

また当時、見たことが無い珍しいギターの形とそのギターが出す金属的な音にはまってしまいました。

 

1964年、ジョー・ミーク(※1)のプロデュースによる「Have I The Right/ハヴ・アイ・ザ・ライト」が、イギリスで1位を獲得。

 

その他にカナダとオーストラリアで1位、オランダで2位、アメリカで5位、ドイツで21位と世界中で大ヒット。

 

 その勢いで世界ツアーを実施し、1965年には日本にも来ていたようです。

 

帰国してから日本での思い出を歌った「ラヴ・イン・トーキョー」という曲をしているんですって・・・・。

 

しかし、1965年「That’s The Way/ザッツ・ザ・ウェイ」がイギリスで12位を記録して以後、ヒット曲に恵まれず、196723日、プロデューサーだったミークの猟銃自殺により、ハニーカムズは新曲のレコーディングを止め、解散したようです。

 

※ジョー・ミーク/JOE MEEK

イギリスの音楽プロデューサー。

1962年にThe Tornados(ザ・トルネイドース)の「テルスター」やJOHN LEYTONの「霧の中のジョニー/Johnny Remember Me」などを大ヒットさせた名プロデューサー。

イギリスのフィル・スペクターとも形容され世界中から注目されていましたが、196723日にショット・ガンで自らを撃ち抜き自殺。

 

この23日はバディ・ホリーの命日でもあります・・・・。

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年7月のお休み

 

 2日(日)

 3日(月)

 9日(日)

10日(月)

16日(日)

17日(月)

23日(日)

24日(月)

30日(日)

31日(月)