Beatlesを世に出したジョージ・マーティンとブライアン・エプスタイン。

 

この最強コンビがBeatlesに続いて世に出したのが、やはりリヴァプール出身のジェリー&ザ・ペースメイカーズ。

 

このコンビは、誰が見ても天下無敵ですよね!

 

この二人のコンビにより、ジェリー&ザ・ペースメイカーズは1963年のデビューシングル「恋のテクニック」から3作連続でUKチャート1位を獲得してしまうのですから・・・・。

 

ジェリー&ザ・ペースメイカーズは、ジェリー・マースデン(ボーカル、ギター)を中心にジェリーの兄のフレディ・マースデン(ドラムス)やレス・チャドウィック(ベース)らが加わり、地元のリヴァプールを拠点にバンド活動を行う。

 

その後、ビートルズやザ・サーチャーズ等と同時期にキャバーン・クラブや西ドイツのハンブルクのクラブで実力を磨き、Beatles同様大人気のバンドに・・・。

 

特にジェリー・マースデンの明るい笑顔と田端義夫(バタやん)風のギターを高く構えて弾くスタイルがとても評判が良かった(?)そうですよ・・・・・・。

 

それで、ブライアン・エプスタインがBeatlesに続いてマネージメント契約を交わし、ジョージ・マーティンがプロデューサーを担当したそうです。

1963年のデビューシングル「恋のテクニック」は、411日付けから3周連続で全英チャート1位となります。

 

この曲は、最初ビートルズ用に作られたそうですが、Beatlesが拒んだために彼らに回ってきたとか・・・・・。

 

その後5月にBeatlesの「From Me To You」に抜かれてしまいますが、2ndシングル「I Like It」で「From Me To You」を抜き、再び1位に上がるなど、ヒット・チャートでBeatlesと競い合う状態が続きました。

 

3rdシングル「You’ll Never Walk Alone/邦題:淋しくはないはず」も1031日付けから4週連続で1位を獲得。

 

この曲は、元々はミュージカル「回転木馬」用に作られたようですが、この曲が地元のサッカークラブ「リヴァプールFC」の愛唱歌となり、そこから世界中のサッカーファンに知られるようになったとか・・・・。

 

そして、Beatlesの勢いに乗ってアメリカに進出。

「恋のテクニック」がアメリカで再発売され、ビルボードのシングルチャートで9位まで上昇。

アメリカでも大ヒットし、順風万帆にいくように見えましたが・・・・。

 

1964年「I'm The One」がUKチャート2位に留まり、これ以降1位になることはなくなると、バンドの勢いは弱まり、196610月にグループは解散してしまいます。

 

解散後、ジェリーは子供向け番組などの出演やザ・クラウドというバンドをくんだりしていました。

 

1989年にシェフィールドのヒルズボロ・スタジアムで発生した群集事故(ヒルズボロの悲劇)の際には被災者支援のために「マージー河のフェリーボート」を再レコーディングして発表。

 

これが、UKチャートで3週連続1位を獲得しました。。

 

Gerry and the Pacemakersの代表曲

 

19633How Do You Do It? / 恋のテクニック UK: 1/ USA:9位

 

19635I Like It It's Happened To Me  UK1/ USA:17位

 

196310You'll Never Walk Alone It's Alright UK:1

 

19641I'm The One You've Got What I Like UK:2

 

19644Don't Let the Sun Catch You Crying  UK:6位 / USA:4位

 

196412Ferry Cross the Mersey / マージー河のフェリーボート UK:8位

 

1989年に再発し UK:1位

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年9月のお休み

 

 3日(日)

 4日(月)

10日(日)

11日(月)

17日(日)

18日(月)

23日(土)

21日(月)

24日(日)

25日(月)