Dave Clark Five

 

米国のTV番組「エド・サリバン・ショー」に出演し大成功を収めたBeatles

 

本国UKチャートにおいても「I Want to Hold Your Hand/邦題:抱きしめたい」が5週連続1位を驀進中!!

 

日本でも大ヒットでしたよね!!

当時、中学生だった僕は・・・・・、もう大興奮!!

 

ところが・・・、ところがです・・・、そんな凄いBeatlesの曲を蹴落としたバンドがいることを知ってびっくり・・・・・・。

 

ナッ、なんと言うバンドなんだ・・・・、と親に内緒で聴いていたラジオから流れてきたの

1963年デビューしたDave Clark Fiveの「Glad All Over/邦題:グラッド・オール・オーバー」なんです・・・・。

 

当時、ヒットチャートNo1を独走していたのがビートルズの「抱きしめたい」。

そのビートルズをNo.1の座から引き摺り下ろし、代わって英国ヒットチャートNo1になったのがこのDC5「Glad All Over」。

 

Dave Clark Fiveは、ロンドン出身のバンド。

 

ドラムのデイヴ・クラークを中心に、キボード/マイク・スミス、ギター/レニー・デビッドソン、ベース/リック・ハクスレー、 テナーサックス/デニス・ペイトンのメンバーでロンドン北部の下町トッテナムで1962年に結成。

 

黒人音楽の影響が濃い同時代のロンドン一派とは一味違う洗練されたサウンド。

Glad All Over」、「Do You Love Me」、「Anyway You Want It」等々大好きデ~ス!!

 

そんな洗練されたサウンドが、地元英国以上に米国で受け入れられ、1964年から1967年夏までは本国よりもアメリカでの人気が高かったようです。

 

前述のようにBeatlesの「抱きしめたい」を抜き、『Glad All Over』がUK1位に

続いて「Bits And Pieces」がUK2位になり・・・・・、ナント、ナント・・・、彼らはBeatlesより先に全米ツアーを実施しちゃっているんです・・・。

その後、米国に進出し、「Because」「Catch If You Can」「Over And Over」などの連続大ヒットを放ちワールド・ワイドに活躍をする。

 

特に1965年に発表した「Over And Over」はビルボード・シングルチャートNo.1に輝いています。

 

そして遂にアーチストとしての最高峰のコンサート会場であるあのカーネギーホールに出演。

 

その甲斐あり1965年に「Over & Over/オーバー・アンド・オーバー」がビルボード・シングルチャートでNo.1を獲得。

 

ビートルズに続いて、「エド・サリバン・ショー」に出演したり、Beatlesに続いてカーネギーホールでコンサートを開くなど、アメリカでの人気が高まるばかりでした。

 

しかし、ヒット曲を連発していましたが・・・・・、Dave Clark Fiveの音楽性が徐々に変化しアメリカではアイドル・ポップ・バンドみたいなイメージが定着。

 

ビートルズの最大のライバルなんて云われた彼らも、遂に1970年に解散となってしまいました。

 

The Dave Clark Five は、2008年にロックの殿堂入りを果たしました。

 

授賞式でのプレゼンターはトム・ハンクスが務め、締めくくりとしてジョーン・ジェットが「Bits and Pieces」をカヴァーしたそうです・・・・。

 

ビートルズやローリング・ストーンズに並ぶくらい凄い素晴らしいバンドで僕も大好きなんだけど、日本での評価が今一なのがわからない・・。

The Dave Clark 5の代表的な曲

 

・「Glad All Over」 / 19641月発表  UK1位 USA 6

 

・「Bits & Pieces」 / 19643月発表  UK 2位 USA 4

 

・「Do You Love Me」 /1964年発表 USA 11

 

Can’t You See That Shes Mine/1964年発表 USA 4

 

・「Anyway You Want It」 / 1964年発表 USA 14

 

・「I Like It That」 / 1965年発表  USA 7

 

・「Reelinn And Rockin’」/ 19653月発表 USA 7

 

・「Because」 / 1965年発表 USA 3

 

・「Catch Us If You Can/邦題:若さをつかもう」/1965年発表 USA 4

 

・「Overe & Over」 / 196512月 UK 1位  USA 1

 

・「Everbody Knows/邦題:青空が知っている」 / 1967年 USA 23

 

・「Try Too Hard」 / 1967年発表 USA 12

 

余談:

 

・「Glad All Over」は、Suzi QuatroBon JoviQuiet Riot等がカバーしています。

 

・「青空の恋」は、アイドル・グループのフォーリーブスが日本語でカヴァーしていたとか・・・・。

 

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年11月のお休み

 

 3日(金)

 5日(日)

 6日(月)

12日(日)

13日(月)

19日(日)

20日(月)

23日(木)

26日(日)

37日(月)