★ 「岬一郎の抵抗」  半村良 著

 

出版社: 集英社文庫 全3

 

何の変哲もない下町のアパートで暮らしている平凡なサラリーマン岬一郎。

 

岬一郎は、近所で起きる公害問題に関わるうちに不思議な能力を発揮し始め、善良な人々を助けることにその超能力を活用する。

 

助けられた近所のおっちゃん、おばちゃんたちは、岬一郎の能力に驚き、感謝し、隣人であることを誇りに思い、支持しサポートし始める。

 

しかし、岬一郎は自分が持っている超能力が社会に及ぼす影響を恐れ、自らを律し能力の行使を封印するが、国家権力は岬一郎の能力の強さに過剰反応し、次第に彼を排除する方向へ動いていく。

 

ジャーナリズムもまた、ネタに飛びつき、もてはやし、大騒ぎするが、やがて権力に迎合して、岬一郎を糾弾し始める。

 

岬一郎は、体内に育った強大な超能力を決して悪用することはせず、自分のために使うことも封じ、ひたすら他の人々のために尽くす。

 

この行為は、「神」以外の何物でも無く、大衆は当然この「神」に国の統治を委ねようとする。

 

そんな彼に脅威を抱くのが、国家や宗教団体であり、列強諸国でもある。

だって、彼がその能力をフルに使えば、国は根底から覆ってしまうからね。

 

脅威を抱いた国が、彼に下した決断とは・・・・・?

それを岬一郎はそれをどう受けるのか・・・・・・・?

岬一郎は、この運命を受け入れ、キリストと同じ運命を辿るのか・・・・・?!

 

超能力者・岬一郎を“救世主”と考えると、本文中にも書かれていますが、キリストの受難を現代に再現した小説で、一人の「神」の存在を通じて人間社会を描いた第9回日本SF大賞受賞作品です。

 

半村 良(はんむら りょう)略歴

 

1933年 東京生。都立両国高校卒業。

1962年 第2回SFコンテストに『収穫』で第3席入選。

1972年 第3回星雲賞(日本長編部門)を『石の血脈』で受賞。

1973年 第1回泉鏡花賞を『産霊山秘録』で受賞。

1975年 第72回直木賞を『雨やどり』で受賞。

1988年 第9回日本SF大賞を『岬一郎の抵抗』で受賞。

1993年 紫田錬三郎賞を『かかし長屋』で受賞。

200234日、肺炎のため死去。享年6

お店へのアクセス

住所:

川崎市川崎区砂子2-8-1

シャンポール川崎互恵ビル103号

 

TEL:044-223-1978


JR川崎駅から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩7分

クリックで拡大
クリックで拡大

●各種お問合せ、ご意見等がございましたら、下記にご連絡ください。

 

 TEL:044-223-1978

営業時間

19:00~25:00

 

★定休日:日・月・祝・祭日

 

●2017年8月のお休み

 

 6日(日)

 7日(月)

11日(金)

12日(土)

13日(日)

14日(月)

15日(火)

20日(日)

21日(月)

27日(日)

28日(月)